愚息との与太話      (雑記


たまに 帰宅時間があったりすると

愚息と話をしたりするのだが


大抵は 愚息の勤め先(食品加工工場)での 愚痴 事柄などが多いのだが

誰に似たのだろう…ww わけのわからない話も多い


そんななかで


時を止める能力 について 二人で話をしたのだが…

ボクの 屁理屈 持論では 時を止めるじゃなくて

一瞬のうちに(0時間で)自分だけが動ける能力では??

時を止めたら 自分も動けないわけでww


まあ 似たような議論が ネットの上でもあったけどww


周りが動けない間 自分だけが動ける能力と限定しても…

 先ず 止まっている時間の中で 周りを認識出来るのか?
 (光も止まっているわけだから視認が可能か?)

 自分が動く事によって 周りの空気とかを 光よりも早く乱す事に問題はないか?抵抗とか??


 何もない空間(空気や粒子がない真空地帯)なら 動いても問題なさそうだけど

 自分もある程度 質量があるわけだから それを動かすには莫大なエネルギーが必要なのでは???

百歩譲って動けたとしても 能力を解除した途端に 反動がないのか??とか


そんな話ww  やっぱりネット上でも 色々意見があったけどww


あとは 

透明人間は覗けない  とかww

全部透明だと 光を素通ししちゃうからw

覗きを行うには 少なくても目玉は必要なのでは(網膜はちゃんとないとね( ̄ー ̄)ニヤリ)

目玉だけ人間なら覗きが可能ww


そんな 愚息との与太話

似たもの親子は 実にくだらない話で 無駄に時間を潰しているのだったwwww












関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment