接触 4   (トレデキム  漆黒の邪龍 ダーティードラゴン) 


「ときに、何ゆえに、NHとしては貴重な朝の時間をこんな場所で過ごしているのかい?君は」

彼の行動データから湧き出た疑問の一つを、彼が好むであろう単刀直入さに変換し私はぶつけることとした。


「そんなものは…多分あんたとおんなじだ」

彼は相変わらず手元にばかり意識をしているようだが、質問には答えてくれるらしい。

「と云うと?」

彼の答えのなかから導き出されるだろう正解をリストアップしながらも、あえて私は更なる問いかけを続ける。

何故か個別体としての私がこの一連の会話に、NHで云うところの楽しむと云う感情が発生していると分析したためである。


「そりゃあ落ち着くからだ。あんたもそうなんだろう?ここの空気がさ」

彼の其の返答は、私自身の行動原理を分析認識するきっかけとなった。

「ごみごみと蠢くばかりのここメトロの中で、せいせいとした時間を過ごせるのは限られた場所とここぐらいしか思いつかねえけどな。俺は」


続けられた彼の言葉の中から、オリジナルでもあり私自身とも言えるあの男の言葉を導き出し始めていた。



私がね こんな場所にとどまってる原因を君は尋ねるのかね 

此処は 此の停滞空間は 思考にとっての最適な場所であるからだよ 特に君みたいなねくだらん質問を投げかけるものなど存在しないのだからね




それはLXXのとある会議の一幕での、かのプロフェッサーとしての私の言葉だったわけだが。


「落ち着く、なるほど無限の思考の構築には落ち着く環境が必要であるとゆうことか」

わかりきった推論ではあったが、改めて他人に指摘されたことによって其れを自覚し、私は自問とも言える言葉を口にしていた。



関連記事
スポンサーサイト

2 Comments

minako  

NHって何ですか~?

2016/09/19 (Mon) 00:43 | EDIT | REPLY |   

フラメント  

minakoさん おはようです

> NHって何ですか~?

普通の人間 normalhuman のことです

正確に言えば ファングは ドラゴンであり 被検体なので 普通とは程遠いのですが

特殊群体である トレデキム(プロフェッサーの一つ)から見れば 個別体であり 普通の枠に入るため

便宜上 呼んでいるようです

この物語は SF なので

そうゆうものと 理解してくださいw

2016/09/19 (Mon) 02:56 | REPLY |   

Leave a comment