夢の終わり  (戯言 


夢見ることはやめました

叶わぬことと 思うから

重ねた手の温もりも

重ねた想いも消え去って

私は明日に向かいます

過ぎたる日々は帰らない

終わった幸せは戻らない

貴方のことは忘れます

昨日のことは忘れます

伸ばした手など もう降ろし

再び孤独と語らって

夢など見なければ良かったと

私は今夜も涙して

夢など忘れて堕ちてゆく


明日は不安が有るけれど

夢見ず逝けばやすらいで

覚めては沈む朝だけが

私を待っているのでしょう


関連記事
スポンサーサイト

2 Comments

Sha-La  

七五調。
言葉も音も
内容も
とても素敵でありました。

コミュで紹介されていた短歌カテゴリーのリンクで
とても美しい歌の数々を拝見し
そこからトップに戻ってこちらに来たのですが
やはり短歌を読める方の詩は素敵だなあと思いました。

2016/06/24 (Fri) 00:08 | EDIT | REPLY |   

フラメント  

Sha-Laさん ただいまです今晩は~ 2

特に 季語とかを入れてるわけではないので

散文になるかもしれないですけど^^

言葉だけですけど

恋歌とかの切なさとかが出てれば

いいなと思っています


連日のコメント 誠に多謝多謝であります


フラメント


2016/06/24 (Fri) 20:11 | REPLY |   

Leave a comment