浴室を出て (改訂版 乾き 7)

寂しげな女だった

いじらしい女だった

僕の望みなら何でもしてくれた




先に部屋にと戻りベッドに転がる。シャワーのせいか頭と気分がすっきりしていた。

「おまたせ、かずくんがまた汗をかかせるから」ちょっと恥ずかしそうに髪を拭く。

背を持たれ横たわる横にちょこんと座り髪を拭き続ける手を、引き寄せ抱きしめた。

「髪がまだ濡れているから冷たいよ?」かまわず上に招きよせる。

近づいた唇に唇を重ね抱きしめ尻を掴み小柄な身体を押し上げると、柔らかな乳房に吸い付いてみた。

「ああん、そんなことされたら…」

柔らかな乳房の一部分だけが硬くなり始めた。

「そんなことしちゃうと、どうなの?」

すっかり硬くなった部分を含んで吸い続ける。掴んだ尻が擦り付けるように動き出す。

「ううん、気持ちよくなっちゃう、かずくんのをまた欲しくなっちゃうから…はぁ、はぁ…」

荒い息遣いを頭の上で感じながら、掴んでいた手を伸ばしこすり付けてくる場所を弄るとぬるぬるとしていた。

「ほんとだ、濡れてる」

僕の声に我慢できなくなったのか、腰を持ち上げ自ら招き入れる。

僕の固くなったものを宛がい、ぬめりを擦りつけゆっくりと腰を落とす。

もたれた姿勢からまるみえのその淫らで貪欲な口が、すっぽりと呑み込んでゆく。

「ああ、入っちゃった。動いていい?」

返事も待たずに腰が擦り付けるように揺れ始めた。

「ああぁ、気持ちイイ、奥まで…深いよお…」

体重をかけ熱心に腰を揺らす姿に、僕も興奮をましていった。

「いいぃぃ…、でも男の人は、こんな風に動いたほうが気持ちいいんでしょ? …っは、っは」

今度は腰を浮かしじゅぼじゅぼと上下に動き出す。

「別にいいから、腰を落としたままで」そういいながら腰を掴み、ぐいぐいと押しながら擦る。

「ああぁ、それ、凄くいい、いいの気持ちいい、先にいっちゃいそう、いっちゃってもいい?ぁっあああああ!」

激しく押し付ける腰がぐっと押し付けられ、身体をそらす。

痛いくらいに締め付けられたあと、びくびくと弛緩が続く。

身体が支えきれなくなったのか仰け反りそうになるのを手に取り抱き寄せる。

「あっ、いや動かないで…」

濡れたままの冷たい髪の感触を感じながら、抱きしめたまま腰をぐっと突き入れると、両方の口で答が帰ってきた。

切なげな喘ぎと再び感じるびくつく感触で。




関連記事
スポンサーサイト

1 Comments

フラメント  

鍵コメ様 ただいまです今晩は~

どちらかと言えば 彼女は シタツキでしたので

バックからが多かったのですが 

実際のことですと ボクはシタになってると

上手くイケナクテww

身長差のこともありまして 向き合ってだと…ww

仰け反りは 怖かったです アレが折れちゃいそうでww

まあ 抜けて終わりですけどw

嗚呼 こんな事をつい書いてしまうから

訪問者が がた落ちに(爆笑



2016/06/22 (Wed) 19:23 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment