路傍のなにか  (戯言 


ただボクは眺めている

昇る日を 沈む日を

ただボクは眺めている

瞬く星を 渡る月を


無力なボクは 何も語らず

ただ風に吹かれ ただ雨に打たれ

眺めることしか かなわない


心なき弱きボクは 何もおこさず

成されるままに 逆らえず

眺めることのみ 繰り返す


そう まるで

路傍の何かのように

ちっぽけで ありふれた

路傍の何かのように











関連記事
スポンサーサイト

2 Comments

Sha-La  

ご無沙汰しております!

こんにちは。ご無沙汰しております。
今回はコミュから来ました。

カテゴリに「暗い詩」とありますが、
フラメント様のこういう詩に
とても共感を覚えることが多々あります。

フラメント様の詩、とても好きです。
あ、ブログタイトルもとても好きです。

ご迷惑でなければ、また、お邪魔させてくださいm(_ _)m

2016/06/19 (Sun) 15:44 | EDIT | REPLY |   

フラメント  

Sha-Laさん こんにちはです


ボクの方こそ ご無沙汰で申し訳ないです

早々のコメント感謝であります^^


2016/06/19 (Sun) 15:53 | REPLY |   

Leave a comment