成人の約束 1  (小説サンドラ)

author photo

Byフラメント


bcarat.jpg
webアンソロジー季刊誌「carat!」 vol.2 夏号





「あの役立たずは何処なの?今夜こそ思い知らしめてやる!」

夜の帳と静けさが舞い降りた屋敷に罵声が響いた。

「お母様何事でございますか?」

綺麗な顔をゆがめ大声を張り上げる妙齢な婦人に、あどけなさが残る少女が問いかける。

その少女もまた婦人に劣らず婦人に似た怪しい美貌を醸し出している。


「あのくすんだ小娘のことよ、またアイツは言いつけも守らずに姿をくらまして」


 ヤーガ様 あの娘なら公爵の寝室かと

耳障りな声が部屋の片隅に淀んだ闇より発せられた。

「ならばクロウ、早いこと此処に連れてくるのよ」

闇の声に驚くこともなくヤーガと呼ばれた婦人は、命令を告げる。

闇はその暗黒の姿に翼を生やし、何処へと消えてゆく。


「あの小娘といい老いぼれといい、闇の魔女である私に逆らって」

「お母様そんなにお怒りになられますと、崩れてしまいますわ。それにこんなこともあと僅かで…」

喚きたてる母の顔を伺い少女が控えめに忠告する。

怪しげな美貌を纏っていたはずの婦人の顔は、内から湧き上がる怒りのためにその内側のどす黒い闇を映すかのように醜悪なものに変わっていた。


「そ、そうね。あの小娘さえ成人してしまえば、老いぼれが取り決めた約定のとおりすべてが上手くまわり出すわ。そうなれば私は………この国の女王に」

「そしてわたしは、王子をこの手に」

そんな言葉をはいて二つの怪しげな美貌の持ち主たちは互いを見つめて笑みを浮かべる。

人とは違うその二つの物どもは、その異質な欲望から見渡す歪んだ未来に、悦びを隠そうとはしなかった。



古く大きな屋敷の奥の静まり返った公爵の部屋の中で、一人の娘が不安げな顔で寝床に横たわる者を見つめていた。

 おい 娘

いつの間にか部屋の中に湧いて出た闇が、娘に声をかける。


 おい 聞こえてないのか

その声は相変わらず耳障りで、くぐもっているのに異様に響いている。

 おい    おい!

「何よ。私にはサンドラとゆうちゃんとした名前があるわ!」


 ヤーガ様がお呼びだ

「母様が?」

 ちゃんと言いつけを守らなかったからだろ?

「でも、あんなことをしていたらお父様の看病ができないし」

 まあ そうだな

闇は娘の言葉を聞き、数日前に自分の主人であるヤーガが癇癪を起しぶちまけた宝石の類のことを思い浮かべた。

通りすがりの商人に騙さて買いあさった見た目ではわかりずらい偽物と以前よりあった本物と混ざった山のことを。

そして娘が看病しているもう手遅れになった物のことを。

それは破ることなど叶わぬ約定により、ただ朽ちらずにあるだけであった。


 そんなもの 放っておけ お前さえ約定の言葉に従えば全て終わるのだから

「そんな…」


 全てが終わる… いや全てが変わり 始まるのだ

「えっ?どうゆうこと」


 成されればわかる 現にお前の力は増している 成されればお前こそが…



 しょうがない 此処はオレが見届ける そして お前の手伝いを 我が眷属にさせよう

 眷属ナルガは 宝石の類には目がない お前の代わりに 上手く選ぶはずだ


何を思ったのか闇の使いはそんな殊勝な提案をしてくる。


そんな言葉などあまり信じられなかったがサンドラは部屋を出て、しぶしぶと継母の元へと向かうことにした。




スポンサーサイト
Share

Comments 4

canaria  

こんばんは

お忙しいなか、素敵な作品でのご参加ありがとうございます!

妖しい美貌の継母とその娘。
そしてサンドラ。
序章にふさわしい、想像を掻き立てられるようなお話ですね^^
いろいろ大変なご様子、ご無理はなさらず、お体ご自愛
くださいね。
このたびは本当にありがとうございました。

2016/06/07 (Tue) 23:28 | EDIT | REPLY |   

フラメント  

canariaさん おはようございます

エロがないのは辛いですが

グロとゆうことで

こんな話を思いつきましたww

2016/06/08 (Wed) 06:58 | EDIT | REPLY |   

Sha-La  

これはまた、謎めいた神秘的な作品ですね!
ファンタジーだ!と思ったのですが
よく考えると元ネタもファンタジーでした。
サンドラがどういう運命をたどるのか楽しみです。

2016/07/04 (Mon) 20:35 | EDIT | REPLY |   

フラメント  

Sha-Laさん 今晩は~^^2

どの作品もそうですが プロットも考えず

いきなり書き始めてしまうので

サンドラの行く末は ボクからしても不明です

まあ 継母と姉妹の末路は ほぼ決めていますけどwww

2016/07/04 (Mon) 21:00 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

小説  鬼畜   (6)
世界 改訂版 (ファンタジー小説) (1)
小説  サンドラ (1)
恋愛小説 (16)
乾き 改訂版 (8)
蒼き日々の情景(私小説) (5)
ベイサイドペイン (3)
気まぐれ短編集 ブラックブック (8)
改訂版  娼婦はなんでも知っている (1)
娼婦は何でも知っている(Rファンタジー) (51)
援交記 (4)
小説 メロンパン(悲しき現実) (3)
戯言 (暗い詩) (1079)
詩・散文 (952)
嘆き (131)
君に(大好きな君に捧ぐ言葉) (90)
詩 (641)
七分 (56)
つれづれなる散文 (19)
ファンタジー 魔導人形シリーズ (38)
冥府の守護者 (2)
荒ぶる人形 (4)
凍てつく人形 (6)
人形使い ~グレムと楽しい仲間たち~ (18)
オールドファイター(ファンタジー) (7)
人魔再戦 (1)
ベアルドナルドラ物語(ファンタジー) (31)
全知全能の使役師 バンズ(ファンタジー) (20)
旅の少女(ファンタジー) (1)
ファンタジー 輝石シリーズ (17)
泣き虫王子と三つの輝石(改訂版) (2)
輝石物語 (10)
Legendary Mage & Almighty pyroxene (5)
遷都物語 (10)
ジェノサイダー (4)
ミンストレル (1)
雑記 (349)
官能小説 (72)
虚構の夢(官能小説) (22)
被虐のうた(官能小説) (23)
荒廃(官能小説) (10)
被虐の夢路(官能小説) (2)
爛れた日々(官能小説) (0)
ラバーズ (官能小説) (5)
改訂版  下衆 (官能陵辱小説) (7)
官能小説 エイリアン (3)
砂(小説) (0)
小説 水ケ谷探偵社事件帳 (0)
小説 終春 (0)
カウンセラー (0)
挨拶 (2)
SF小説 さよなら人類 (1)
真夏の幻影 (6)
故郷 (0)
陽炎のように (1)
よろず何でも相談社 (6)
サッキュバスの惑星 (5)
魚人の街 (3)
S級エージェント ファルコンズアイ (2)
プチーツァ (4)
浅ましき夢をみし (1)
ノイズ (SF小説) (5)
戦乱の時代 (1)
堕ちゆく世界と慈悲の女王 (3)
メトロの住人達 (スパイラル銀河 アルタイル) (10)
異界転生 (ファンタジー小説) (2)
シーフ 賊と呼ばれた男 (20)
真昼の月と夜の海 (3)
小説 バイオール (2)
何か (擬似恋愛小説) (4)
ユニーカーズ 苦労人な私 (ファンタジー小説) (2)
世界 (20)
ギミック 最悪なパーティーがゆく (ファンタジー小説 (1)
イケメン彼女 (3)
原罪 (2)
漆黒の邪龍 DirtyDrgon (8)
気が付けば大魔王 (5)
ファンタジー小説 パールパピヨン (2)
転生 (2)
記憶 (3)
SF小説 バッドエンド (2)
小説  GENZI (1)
ジゴロ (3)
プロジェクト AF (1)
小説 エセエス (1)
詩ですらない何か&自己満足 (1)
小説 思い出 (3)
詩人の愛 (1)
小説 ブロガー (1)
好きなもの (1)
トレデキム   漆黒の邪龍 ダーティードラゴン (11)
埋没   ~ セフレ以上恋人未満 ~  (恋愛小説) (1)
迷子  官能小説 (7)
ブラックブック 短編集 (1)