自治会の講習会 (雑記 


今日は雨で 仕事休みとなってしまったので

午後から うちの奴の代わりに 自治会での講習会


うちは今年 組長で

先日も 運動会への ほぼ強制 参加だったw


本日は 赤十字講習会 との名目で

町内会の 救護班長?? としての参加


コミュニティーセンターまで 出向いていった


知らせとして預かった紙には

心肺蘇生法 AED 手当の基本  などと書かれてあったが

講習会となうってあったので やれやれ 面倒だななどと

舐めていた


赤十字からの指導員の お姉さまの(文字通り年齢的にw)簡単な救急措置の

説明は とても眠気を もよおし

とても 講習時間を 起きていることは不可能などと 思ったのだが


甘かった


持ち込まれた

これの 実際の使い方の訓練的なもの を全員でやらされる羽目に

pg_trainer2_main_en.jpg


こいつを 相手に

P2160036.jpg

注釈 写真は借り物w


意外と 胸骨圧迫(心肺蘇生法) がむずい

力もいるし 時間もながい

100回/分 のペースで 三十回の圧迫 人工呼吸を二回挟んで 更に 圧迫

それをさいしょから AEDを用意してからも続け 救急隊員がくるまで ほぼ永遠に…

学生とかは こんな講習を 学校で受けるのだろうか?


ボクも含め 自治会で集まったメンバーなど 高齢者が多く

逆に 受ける側だと 思ってしまったのだが…





関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment