それは それで


叔父の 一周忌に呼ばれた話をしたら

娘が顔を出したいと 言ってきた


確かに 盆暮れの挨拶に ボクと行ったのは

非常識な 忙しい うちの奴よりも みにょ や きよ の方が多い


口煩いババアも多いし 田舎ゆえ色々とあるので

みにょの 礼服をそろえてあげることとした


甲斐性なしのボクであるから 安く賄うため

所謂 閉店 開店 を繰り返す 某チェーン店に



みにょ曰く なかなか自分に合ったサイズが ないとのこと

五号 でも ちょっと  とのこと


結局 五号で選んでみたものの 裾をつめ 袖をつめ

パンツの腰周りも つめ

細身とは言え それは それで


…どれだけ ちびっ子くて 細いんだよ



とても ハンプティダンプティ と化している

うちの奴の 娘とは 思えない



まあ そちらの 遺伝子は 愚息が 継いでますけど…( ̄ー ̄)
















関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment