家とゆうなの悪夢


今も其れは建っている

永き年月を経てなお

其れは建っている

嘗ての檻

嘗ての幻

断えることなく建つ其れは

敗北の象徴であり

悪夢の権化だ

今も其れは姿を変え

夜毎ボクの正気を捻じ曲げようと

夢に現れてはボクを苦しめる






多分其れが朽ちるまで

多分ボクが朽ちるまで







関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment