不惑の頃





幾つもの波は過ぎ去った


幾つもの華が枯れ落ちた


ただ一つ残されたボクは


そんな無くしたものに


思いをまた巡らすばかり







関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment