記憶 1 (SF小説 ノイズ)


zuu…

 狂信的なベイグスたちが迫ってくる

zuu…
zuu…

「…のために俺は闘う…こんなところでは死ねない」

zuu…




「メンテナンスは完了だ、あとはボディ交換が最後となる」

「ああ、ありがとうドクター」


「最中に寝言みたいなものをつぶやいていたな…」

「ああそれなら、ただのノイズだろう」

「今なら、それも消せるがな」

「別に構わない、何も支障などないからな」

「その姿ならちゃんと喋れるわけだが、何も会話も不自由なフルコンバットタイプにこだわらなくてもいいだろ?」

「もう、なれちまったからなそのスタイルに。それに死んじまった野郎の顔は頂けない」

「まあ、確かにそうだ。それじゃあ始めるぞ」



サイバノイドましてやバイオロイドでもある俺が、夢などみるはずもない。

あれは、特殊バイオロイドである俺の、行動核である死んだ男の僅かな記憶にしか過ぎない。

つまりただのノイズにしか過ぎないわけだ。

男の断末魔の記憶、脳髄に焼きついてしまったノイズなのだ。



俺自身の記憶、最初の記憶は丁度このラボのような施設だった。


意識が芽生える。

辺りを確認しようとした俺は目を開けてみた。

「ぅおおおおお!」

目を開いた瞬間に、目の前の景色の何もない天井が映り、それと同時に俺自身のコンディションと俺を取り巻く環境、周りの機械音、周りすべてのビジョンとデータが頭の中に一度に押し寄せ激しい頭痛に見舞われた。

俺は痛み似た感覚とと混乱でパニックに陥った。

「どうやら目覚めたようだな、キミの脳髄とAIのシンクロがまだできていないようだ。取り敢えず目を閉じるがいい、それで苦しみは軽減されるはずだ。そのうちにデータの補正が行われ馴染むはずなのだが」

頭痛の中、更に頭に大きく響いたその声に、俺は従い目を閉じた。


「どうだ?調子は」

声の調子は抑えられ、頭の中が整理されてきたようだ。

目を閉じたままの俺に、感じられるのは普通に入る静かな機械音だけになっていた。


「ああ、楽になってきた」

俺は、頭の中の声に同じように考える事で応えてみた。

「なら、よかろう。これからはキミがそれを望むときだけ各種センサが働くはずだ。目を開けてももう大丈夫だろう」


俺は声に従い、目を開ける。先ほどと同じ何もない天井だ。

此処はどこだ?と疑問が沸く。

その瞬間にビジョンとデータが浮かび、何かの研究施設の部屋の中とゆうことが認識できた。


「起き上がってみたまえ」声は続いた。

言われたとおりにしようとしたあと、何かを探るような感覚が有り、俺はべっどから身体を起こすことができた。

「手足はどうだ?」

言われるたびに先程の感覚が起こり、そのあとに動き出す。

一度動いてしまえば、あとは普段通りに動けるようだった。


普段?

そう思った俺に、見知らぬ誰かの生活がいくつも映り出す。

どうやらその男の普段らしい。


「少々驚いたかもしれないが、起動に成功したらしいな。私はヴィヴァームス、キミを創った科学者だ」

そこでまた、あの声が俺の頭に語りかけてきたのだった。




関連記事
スポンサーサイト