至宝の探索 11 (ファンタジー小説   シーフ 賊と呼ばれた男)

author photo

Byフラメント

-

…ごめんなさい

不意に弾き出されたシャーラトンは、そんな思いを感じた気がした。


自らが浮かび軽くなる感覚の中、彼は必死に状況を捉えようとする。

周りと言えば大小の限りない力の奔流だけが感じられ、自らの存在がそれに流されそうな恐怖にさらされる。

未体験の感覚の中とにかく落ち着こうと考え、先ずは自身の状態を確認するシャーラトン。

思考と記憶、その二つは変わりがないようだった。

ただし肉体的な実感が伴わない。


あるはずの手は握り締めることさえも叶わず、踏みしめるべき地面がわからない。

わからないとゆうより脚の感覚もない。


…俺は死んでしまったのだろうか?

そんな思いに囚われるシャーラトン。


「死んだわけじゃないさ」

不安に押しつぶされそうなシャーラトンに声がかかる。


「単なる離脱じゃよ」


「その声は…お頭…、やっぱり俺は死んだのか?お頭の声が聞こえるなんて…」

忘れるはずのない声が聞こえた気がしたシャーラトンは思わず声を上げる。

「ひどいなあそんな風に思っていたのか君は、今の頭は僕だろ?シャーラトン君」

二つの眩い大きな力の塊が近づき、その内の一つがそんな言葉をはきだした。


「それよりも、何か云うことがあったんじゃないのか?僕に…」

ようやく目の前の存在がブラーであると理解したシャーラトンは、わけがわからないながらも気を取り直しハッズよりの言伝を報告する。

「ハッズよりの言伝を伝えます。例の男は、そのままアルヘムにと舞い戻りフードを被った雇い主とともに宿に引きこもった模様です。引き続き動きが有るまで監視を続けるとのこと…、あと…」

「あと?」

「内話が通じず、報告が遅れたことを謝罪しておりました」

「ああ、そうか」

そんなブラーと思われる返事にシャーラトンは、一瞬だけ手を打つ仕草が見えたかのように思えた。

「真霊でもなく、つながりのないハッズは上界への連絡手段がないからか」


「では、これからはこの小僧にさせればいいじゃろう、小僧も真霊もちになったからな」


「…エイブ様なのですか?もしかして…」

そんな呼び方をする人物に思いあたったシャーラトンが、もうひとつの輝く塊に向かい問いかける。


「そうじゃ久しぶりじゃな、シャーラトン。そうは言ってもわしはいつもブラーと共にあるのじゃがな」


しばしの沈黙のあと、シャーラトンは思い切って問いかけた。

「えっと、お頭でもエイブ様でも構わないのですがこの状況とかを説明してもらえると助かるんですが…」

「ん?君からハッズよりの報告を受けたところだけど、自分のしたことがわからないのか君は?」


「そうじゃなくって、この場所とか俺がどうなっちまったかとかです、お頭」

その答えにまちがいなく目の前の存在が頭だと確信したシャーラトンがため息をつきながらもう一度問いただす。


「ここなら、上界じゃ。物質で満ち溢れる小僧の住んでいる下位界ではなく真霊や霊の世界じゃ。ちなみにお主は心霊に肉体を弾かれて霊となり此処に存在している」


「肉体を弾かれってことは、やっぱり…」

「死んではおらん、目を凝らし…感覚を集中し自身を見つめるが良い。細長くつながった筋が見えるじゃろ?主がまだ生きておる証拠じゃ」

言われたとおりシャーラトンが自らを認識すると、一筋の光の筋のようなものが何処かへと長々と続いている。

「見えたか?小僧。その先を辿れば主の身体に繋がっておるのがわかるじゃろう」


その光の筋は、随分と長く遠くに続いているようであったが、何故かたどってゆくことができた。

それが繋がっているせいかなんなのかはシャーラトンには知る由もなかったのだが。

その続いてる先には見覚えのある部屋があり確かに彼の身体にと続いている。


若干、記憶にある彼自身とは姿が異なっているようにも見受けられたのだったけれど。




にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村








関連記事
スポンサーサイト
Share
小説  鬼畜   (6)
世界 改訂版 (ファンタジー小説) (1)
小説  サンドラ (1)
恋愛小説 (16)
乾き 改訂版 (8)
蒼き日々の情景(私小説) (5)
ベイサイドペイン (3)
気まぐれ短編集 ブラックブック (8)
改訂版  娼婦はなんでも知っている (1)
娼婦は何でも知っている(Rファンタジー) (51)
援交記 (4)
小説 メロンパン(悲しき現実) (3)
戯言 (暗い詩) (1079)
詩・散文 (952)
嘆き (131)
君に(大好きな君に捧ぐ言葉) (90)
詩 (641)
七分 (56)
つれづれなる散文 (19)
ファンタジー 魔導人形シリーズ (38)
冥府の守護者 (2)
荒ぶる人形 (4)
凍てつく人形 (6)
人形使い ~グレムと楽しい仲間たち~ (18)
オールドファイター(ファンタジー) (7)
人魔再戦 (1)
ベアルドナルドラ物語(ファンタジー) (31)
全知全能の使役師 バンズ(ファンタジー) (20)
旅の少女(ファンタジー) (1)
ファンタジー 輝石シリーズ (17)
泣き虫王子と三つの輝石(改訂版) (2)
輝石物語 (10)
Legendary Mage & Almighty pyroxene (5)
遷都物語 (10)
ジェノサイダー (4)
ミンストレル (1)
雑記 (349)
官能小説 (72)
虚構の夢(官能小説) (22)
被虐のうた(官能小説) (23)
荒廃(官能小説) (10)
被虐の夢路(官能小説) (2)
爛れた日々(官能小説) (0)
ラバーズ (官能小説) (5)
改訂版  下衆 (官能陵辱小説) (7)
官能小説 エイリアン (3)
砂(小説) (0)
小説 水ケ谷探偵社事件帳 (0)
小説 終春 (0)
カウンセラー (0)
挨拶 (2)
SF小説 さよなら人類 (1)
真夏の幻影 (6)
故郷 (0)
陽炎のように (1)
よろず何でも相談社 (6)
サッキュバスの惑星 (5)
魚人の街 (3)
S級エージェント ファルコンズアイ (2)
プチーツァ (4)
浅ましき夢をみし (1)
ノイズ (SF小説) (5)
戦乱の時代 (1)
堕ちゆく世界と慈悲の女王 (3)
メトロの住人達 (スパイラル銀河 アルタイル) (10)
異界転生 (ファンタジー小説) (2)
シーフ 賊と呼ばれた男 (20)
真昼の月と夜の海 (3)
小説 バイオール (2)
何か (擬似恋愛小説) (4)
ユニーカーズ 苦労人な私 (ファンタジー小説) (2)
世界 (20)
ギミック 最悪なパーティーがゆく (ファンタジー小説 (1)
イケメン彼女 (3)
原罪 (2)
漆黒の邪龍 DirtyDrgon (8)
気が付けば大魔王 (5)
ファンタジー小説 パールパピヨン (2)
転生 (2)
記憶 (3)
SF小説 バッドエンド (2)
小説  GENZI (1)
ジゴロ (3)
プロジェクト AF (1)
小説 エセエス (1)
詩ですらない何か&自己満足 (1)
小説 思い出 (3)
詩人の愛 (1)
小説 ブロガー (1)
好きなもの (1)
トレデキム   漆黒の邪龍 ダーティードラゴン (11)
埋没   ~ セフレ以上恋人未満 ~  (恋愛小説) (1)
迷子  官能小説 (7)
ブラックブック 短編集 (1)