未冬




涙と違う冷たさが

涙と違う静けさが

ふるえる肩にと降り積もる




戸惑う空の気まぐれに

何も言えずに諦めて

何も出来ずに立ちすくむ




悴むこの身を持て余す

春には遠いボクなのだ

未だに冬のボクなのだ














関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment