出会い 1 (小説 真昼の月と夜の海)

author photo

Byフラメント


月は夜でこそ輝くのにそれまでのボクは、周りの明るさに戸惑うばかりで色も影も薄い真昼の月でしかなかった。

モノクロームの道、そんな色あせたような朝の道をボクは歩いてゆく。

けれど色あせてるのはきっと周りじゃなくってボクの心の方だと思う。


学校と云う名の乾いたその場所に、今朝も紛れるようにボクは溶け込んでゆく。

色づいて目立っている周りのクラスメイトの中、挨拶はおろか言葉のやりとりさえもボクには無関係だ。

いじめとか無視されてるわけじゃない。

それはそれで暗い影のような色に覆われている。

そんな何処にでもある暗い色や多くの明るい色とは無縁のボクは、教室の中、まるで背景画のように周りに同化している存在だ。


苛められてるならましだ。

その存在を憎まれているからだ。


無視されているならまだましだ。

其処にある存在を否定されているからだ。


その対象にもなれず、存在すら認められていないような空気に近いボクみたいなものはどうすればいいのだろう。

何処までも青い空や自由気ままに過ごす雲立ちの中で場違いのような薄く異なったもの。

そんな真昼の月、そんな誰にも気づかれないような月は、ただただ、夜が来るのを待つしかなかったんだ。


「えーっ、みんな席につくように」

先生の声がクラスに響く。

何処にでもいる目立つ存在、そんな太陽みたいな奴らがおどけたように大声で返事を返しバタバタと席についてゆく。

生真面目を絵に書いたような連中が、その様子に顔をしかめる。

そのどちらでもないボクは、片隅に忘れ去られた余った机のようにただぼんやりと今朝もあるだけだった。


「急な話ではあるが、このクラスに転校生がくることになった、入りたまえ…影山君だ」

そう言った先生は廊下でまたしていた人物を招き入れた。


放漫な態度、見下すかのような目つきのその人物は、ゆっくりと教室を隅々まで眺めまわし背を向ける。

白いチョークを使い黒板に描かれた文字は、大きく影山海斗と書かれていた。


クラスの中がざわめきだす。

特に容姿などこれといったものはないのだが、とにかく纏っている雰囲気みたいなものが目立つ感じだからだった。


明らかに大人びた容姿のその人物は、それに似合った低い声で、自己紹介を述べだした。

「俺は、影山海斗。訳あって長く学校から離れていたけど、今日から世話になる。その訳ありのおかげで、君らより年上の二十歳になるけど、そんなことは気にしなくていいから」


その言葉にどよめきが起こる。

ざわめきの方も一段と増してきたみたいだ。


「…と、取り敢えず席を決めようか、どの辺に…」

「先生、席ならあそこの隣が空いてるじゃないですか、俺あそこにしますよ」

何か緊張気味の先生の声を遮って彼は、指をさした。


いつもは注目されることなど決してないボクの方を見つめながら。



関連記事
スポンサーサイト
Share

Comments 1

椿  

NoTitle

気になる始まりですね。
タイトルも素敵です(^o^)

2015/03/05 (Thu) 22:16 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

小説  鬼畜   (6)
世界 改訂版 (ファンタジー小説) (1)
小説  サンドラ (1)
恋愛小説 (16)
乾き 改訂版 (8)
蒼き日々の情景(私小説) (5)
ベイサイドペイン (3)
気まぐれ短編集 ブラックブック (8)
改訂版  娼婦はなんでも知っている (1)
娼婦は何でも知っている(Rファンタジー) (51)
援交記 (4)
小説 メロンパン(悲しき現実) (3)
戯言 (暗い詩) (1079)
詩・散文 (952)
嘆き (131)
君に(大好きな君に捧ぐ言葉) (90)
詩 (641)
七分 (56)
つれづれなる散文 (19)
ファンタジー 魔導人形シリーズ (38)
冥府の守護者 (2)
荒ぶる人形 (4)
凍てつく人形 (6)
人形使い ~グレムと楽しい仲間たち~ (18)
オールドファイター(ファンタジー) (7)
人魔再戦 (1)
ベアルドナルドラ物語(ファンタジー) (31)
全知全能の使役師 バンズ(ファンタジー) (20)
旅の少女(ファンタジー) (1)
ファンタジー 輝石シリーズ (17)
泣き虫王子と三つの輝石(改訂版) (2)
輝石物語 (10)
Legendary Mage & Almighty pyroxene (5)
遷都物語 (10)
ジェノサイダー (4)
ミンストレル (1)
雑記 (349)
官能小説 (72)
虚構の夢(官能小説) (22)
被虐のうた(官能小説) (23)
荒廃(官能小説) (10)
被虐の夢路(官能小説) (2)
爛れた日々(官能小説) (0)
ラバーズ (官能小説) (5)
改訂版  下衆 (官能陵辱小説) (7)
官能小説 エイリアン (3)
砂(小説) (0)
小説 水ケ谷探偵社事件帳 (0)
小説 終春 (0)
カウンセラー (0)
挨拶 (2)
SF小説 さよなら人類 (1)
真夏の幻影 (6)
故郷 (0)
陽炎のように (1)
よろず何でも相談社 (6)
サッキュバスの惑星 (5)
魚人の街 (3)
S級エージェント ファルコンズアイ (2)
プチーツァ (4)
浅ましき夢をみし (1)
ノイズ (SF小説) (5)
戦乱の時代 (1)
堕ちゆく世界と慈悲の女王 (3)
メトロの住人達 (スパイラル銀河 アルタイル) (10)
異界転生 (ファンタジー小説) (2)
シーフ 賊と呼ばれた男 (20)
真昼の月と夜の海 (3)
小説 バイオール (2)
何か (擬似恋愛小説) (4)
ユニーカーズ 苦労人な私 (ファンタジー小説) (2)
世界 (20)
ギミック 最悪なパーティーがゆく (ファンタジー小説 (1)
イケメン彼女 (3)
原罪 (2)
漆黒の邪龍 DirtyDrgon (8)
気が付けば大魔王 (5)
ファンタジー小説 パールパピヨン (2)
転生 (2)
記憶 (3)
SF小説 バッドエンド (2)
小説  GENZI (1)
ジゴロ (3)
プロジェクト AF (1)
小説 エセエス (1)
詩ですらない何か&自己満足 (1)
小説 思い出 (3)
詩人の愛 (1)
小説 ブロガー (1)
好きなもの (1)
トレデキム   漆黒の邪龍 ダーティードラゴン (11)
埋没   ~ セフレ以上恋人未満 ~  (恋愛小説) (1)
迷子  官能小説 (7)
ブラックブック 短編集 (1)