_






昨日よりは確実に寒い朝に

昨日よりは確実に不幸せな朝に


思い出したのはキミの言葉

哀しくも痛いキミの言葉


もう帰る場所がないから




突き刺す痛み

思い出す


行き先も見えないボクに

転びそうなボクに


おいでと言える言葉はなかった

おいでと言える勇気なんてなかった


もう 必要のなくなった朝に

虚しさが増えてしまっただけの朝に


いつもの夢のように残って

それはただボクの底に残って















行ってきます






関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment