冬の終わりに



 変わりゆく 朝の面持ち 感ずれど   春の訪れ 未だ遠くて

 問われれば其処に答えはなかれども忘れがたきは君の優しさ





六枝七分


関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment