世界

変わらぬ世界 (ファンタジー小説 世界 13)

 ←聖女の告白 (ファンタジー小説 世界 12) →気がついた事 (ファンタジー小説 世界 14)

気が付くと変わらぬ世界が広がっていた。

何処までも続く青とそれに織り成す白。

それはほんの数日前と変わらぬ空だった。


そして、父さんが死んだことも牢に囚われたこともその後のことも、夢のような別の世界ではなかったのかと、僕はふと思った。

「残念ながら幾つもの別の世界へとつながるそのホコロビの力も、別の世界に行けるわけではなく、それは同じ世界なのだよ」

「なんだよモンド、起きてたなら起こしてくれれば良かったのに」

僕は僕でもあるモンドに文句を言った。

「あそこからの脱出は、やっかいなことだったからね。その力を振るうためには、クルア、君を奥底に沈めることが必要だったのさ。安全を確認した今、君を開放し起こしたと云う訳だよ」

押さえ込み沈めた意識を解き放しただけだから、なにも声をかけ揺り起こす必要がなかったと云う訳か…。
僕はそう考えた。


「力、ホコロビとしての君の力は、アブソルの呪縛下に未だある。全てを蝕むその力をもってアブソルの呪縛を侵食し劣化し同化してしまえば、解放されるがどうするかね?映っていた世界が違うものに見えてしまうかもしれないが…」

その言葉は微かな不安を生み出し、言葉となって口をついた。

「父さんとの思い出が消えたりしなければ…」


「それはないね、記憶がなくなるよりも増えるくらいだ。例えば、封印されていた”操り”の時の記憶が蘇るとか」


「世界の事実がわかるなら…」

「少しばかり違うが、まあいい。望み通りにしよう」

僕は返事の代わりに決意を込めて頷いた。


「君が知らずに蝕み同化した彼の力”操り”を使い、君の意識を保ったままで侵食が使えるようにしよう」

彼が僕の中の何かを掴み動かした。

僕自身には覚えのない”操り”とゆう力だろうか?それは従わせるといったものではなく、まるで慈愛に満ちた優しき導きのように感じられた。

「わかるかね?君の中に刻まれているものを。それがアブソルが植え込んだ祝福”操り”の呪縛そのものだ」

モンドの言葉通り感じたものに僕は、何かを伸ばす。

伸ばされた僕の何かが感じたものに染み込み馴染み、僕の一部になる事を不思議な思いで感じていた。

だけど世界は別に変わらなかった。

頭上に広がる薄雲に霞む空、打ち上げられていた浜辺に寄せる波も穏やかなものだ。

きっと幼い頃も、忘れていたその時々の瞬間さえも同じように僕は感じていたのだろう、今と同じ世界を。


ただ、父さんの命ずるままにしてきた多くの事柄が、今でははっきりと思い出せる。

そう、僕の手は幼い頃から消すことのできないほどの血と死と罪に染まっていたのだった。




にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村







タイトルを付けるのに

侵食者 にしようかと迷ったのですが

後につける

支配者 に続くほうがいいかもと 思えたので

これにしましたw
関連記事
スポンサーサイト
総もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛小説
もくじ  3kaku_s_L.png 援交記
総もくじ  3kaku_s_L.png 詩・散文
総もくじ  3kaku_s_L.png ファンタジー 魔導人形シリーズ
総もくじ  3kaku_s_L.png ファンタジー 輝石シリーズ
もくじ  3kaku_s_L.png 遷都物語
もくじ  3kaku_s_L.png ジェノサイダー
もくじ  3kaku_s_L.png ミンストレル
もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
もくじ  3kaku_s_L.png 砂(小説)
もくじ  3kaku_s_L.png 小説 終春
もくじ  3kaku_s_L.png カウンセラー
もくじ  3kaku_s_L.png 挨拶
もくじ  3kaku_s_L.png 真夏の幻影
もくじ  3kaku_s_L.png 故郷
もくじ  3kaku_s_L.png 陽炎のように
もくじ  3kaku_s_L.png 魚人の街
もくじ  3kaku_s_L.png プチーツァ
もくじ  3kaku_s_L.png 戦乱の時代
もくじ  3kaku_s_L.png 世界
もくじ  3kaku_s_L.png イケメン彼女
もくじ  3kaku_s_L.png 原罪
もくじ  3kaku_s_L.png 転生
もくじ  3kaku_s_L.png 記憶
もくじ  3kaku_s_L.png 小説  GENZI
もくじ  3kaku_s_L.png ジゴロ
もくじ  3kaku_s_L.png 小説 エセエス
もくじ  3kaku_s_L.png 小説 思い出
もくじ  3kaku_s_L.png 詩人の愛
もくじ  3kaku_s_L.png 小説 ブロガー
もくじ  3kaku_s_L.png 好きなもの
もくじ  3kaku_s_L.png アバーブ
もくじ  3kaku_s_L.png 地上にて
もくじ  3kaku_s_L.png Dragon's woes
  • 【聖女の告白 (ファンタジー小説 世界 12)】へ
  • 【気がついた事 (ファンタジー小説 世界 14)】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【聖女の告白 (ファンタジー小説 世界 12)】へ
  • 【気がついた事 (ファンタジー小説 世界 14)】へ