やっぱりえっちだった彼 (気まぐれ短編集 ブラックブック)

author photo

Byフラメント

彼ったらやっぱり凄くえっちなんです。

私のところには仕事が忙しいからといったメールだけよこしてあとは放置なのに、彼が書いてるブログには、なんか思う人が居るみたいな言葉とか、昔付き合っていた人の思い出のお話とかえっちな言葉に溢れててそんなんばっかり。

私、彼がすっごくえっちなの知ってるからそうゆうの気になっちゃって気になっちゃって。

私も仕事が忙しくなっちゃったせいもあって、彼宛のメールとかもあんまりできなかったんだけど、それを良いことに彼のブログがますますエキサイトしちゃって。

彼ったら、私からのメールにはあんまり返事などよこさないんだけど、それでも彼からのメールの返事はたまにはあって。
そんな時ばっかり私の返事が遅れたりすると、物凄い勢いで何通もよこしたりするんです。

もうボクに飽きちゃったの?とか他に誰かできちゃったのとか。

彼のブログを見るたびに私のほうがそう思っちゃたりしてるのに…。

それでこの間同じように彼からのメールが来て、仕事の関係で返事がちょっと遅れちゃったら、こんなことが書いてあったんです。

わかったよ話をしよう いつでもいいからあと一度だけ会えないか

って。

私ったらそのメールで焦っちゃって悩んじゃってじわっときちゃって。

仕事のことなんかすっかり飛んじゃって彼に会わなきゃって思っちゃったんです。

だから、なんとか都合をつけてお休みを作って彼に会うことにしたんです。


ようやく休みの日になって彼に会ったんだけど、その日の彼はいつも以上に無口で怖くってやっぱり私じわっときちゃいました。

挨拶めいたやりとりのあと、落ち着ける場所で話し合おうって彼がいったから、ちょっと哀しくて諦めムードだったけど、仲直りのつもりで予約しておいたホテルにと二人でいくことにしたんです。

いつもならこんなところに二人でいるとえっちな言葉をかけてくる彼だったけど、その日はやっぱり言葉もなくて。

沈黙が哀しくてまたじわっときちゃった私に彼が掴みかかって。

「そんなに嫌なのか?ボクのこと」

って彼がゆうから、そうじゃないって思いながらつい

「あのブログは何…」

とか言いかけて。

その言葉に怒っちゃった彼に押し倒されて怖くなってちょっとだけ抵抗したらその手が止まり、彼はまた黙っちゃって。

俯いちゃって顔を背けちゃって哀しそうにうなだれちゃって。

ほんとは私、彼に会えたのが嬉しかったのに、ブログのことなんてどうでも良かったのに。

彼がぽつりと「ごめん」なんてもらしたから、その仕草と言葉にじわっときちゃって泣きながら彼に抱きついて私も謝ろうとしちゃった。

色々と語りはじめようとした私の唇を、いいからって顔つきの彼の唇に塞がれちゃって、改めて今度は優しく押し倒されちゃって何度も強く吸われちゃって。

私ったら嬉しさがましちゃって、さっきまでのことなんかどっかにいっちゃって。

あとはいつもの彼の胸を弄る指にじんとしちゃって、あそこもじわっときちゃって気がついたら私も彼も裸になっちゃって。

彼が

「お前だけだ、お前だけだ」

とか言っちゃって抱きしめてくるから、そんな彼の言葉を私やっぱり受け入れちゃって彼のこと受け入れちゃって彼のものも受け入れちゃって。

彼の思いに何度も突かれちゃってわけがわかんなくなるまで何度も突かれちゃってその日もやっぱり、彼の全部受け入れちゃって受け止めちゃって。

凄くえっちな彼のこと私ったら手放せないんだなって思っちゃった。

彼の良いところも悪いところもすっごくえっちなところも全部を受け入れる私は、彼のことがとっても好きで手放せないんだなってわかっちゃったんです。




関連記事
スポンサーサイト
Share

Comments 0

Leave a reply

小説  鬼畜   (6)
世界 改訂版 (ファンタジー小説) (1)
小説  サンドラ (1)
恋愛小説 (16)
乾き 改訂版 (8)
蒼き日々の情景(私小説) (5)
ベイサイドペイン (3)
気まぐれ短編集 ブラックブック (8)
改訂版  娼婦はなんでも知っている (1)
娼婦は何でも知っている(Rファンタジー) (51)
援交記 (4)
小説 メロンパン(悲しき現実) (3)
戯言 (暗い詩) (1079)
詩・散文 (952)
嘆き (131)
君に(大好きな君に捧ぐ言葉) (90)
詩 (641)
七分 (56)
つれづれなる散文 (19)
ファンタジー 魔導人形シリーズ (38)
冥府の守護者 (2)
荒ぶる人形 (4)
凍てつく人形 (6)
人形使い ~グレムと楽しい仲間たち~ (18)
オールドファイター(ファンタジー) (7)
人魔再戦 (1)
ベアルドナルドラ物語(ファンタジー) (31)
全知全能の使役師 バンズ(ファンタジー) (20)
旅の少女(ファンタジー) (1)
ファンタジー 輝石シリーズ (17)
泣き虫王子と三つの輝石(改訂版) (2)
輝石物語 (10)
Legendary Mage & Almighty pyroxene (5)
遷都物語 (10)
ジェノサイダー (4)
ミンストレル (1)
雑記 (349)
官能小説 (72)
虚構の夢(官能小説) (22)
被虐のうた(官能小説) (23)
荒廃(官能小説) (10)
被虐の夢路(官能小説) (2)
爛れた日々(官能小説) (0)
ラバーズ (官能小説) (5)
改訂版  下衆 (官能陵辱小説) (7)
官能小説 エイリアン (3)
砂(小説) (0)
小説 水ケ谷探偵社事件帳 (0)
小説 終春 (0)
カウンセラー (0)
挨拶 (2)
SF小説 さよなら人類 (1)
真夏の幻影 (6)
故郷 (0)
陽炎のように (1)
よろず何でも相談社 (6)
サッキュバスの惑星 (5)
魚人の街 (3)
S級エージェント ファルコンズアイ (2)
プチーツァ (4)
浅ましき夢をみし (1)
ノイズ (SF小説) (5)
戦乱の時代 (1)
堕ちゆく世界と慈悲の女王 (3)
メトロの住人達 (スパイラル銀河 アルタイル) (10)
異界転生 (ファンタジー小説) (2)
シーフ 賊と呼ばれた男 (20)
真昼の月と夜の海 (3)
小説 バイオール (2)
何か (擬似恋愛小説) (4)
ユニーカーズ 苦労人な私 (ファンタジー小説) (2)
世界 (20)
ギミック 最悪なパーティーがゆく (ファンタジー小説 (1)
イケメン彼女 (3)
原罪 (2)
漆黒の邪龍 DirtyDrgon (8)
気が付けば大魔王 (5)
ファンタジー小説 パールパピヨン (2)
転生 (2)
記憶 (3)
SF小説 バッドエンド (2)
小説  GENZI (1)
ジゴロ (3)
プロジェクト AF (1)
小説 エセエス (1)
詩ですらない何か&自己満足 (1)
小説 思い出 (3)
詩人の愛 (1)
小説 ブロガー (1)
好きなもの (1)
トレデキム   漆黒の邪龍 ダーティードラゴン (11)
埋没   ~ セフレ以上恋人未満 ~  (恋愛小説) (1)
迷子  官能小説 (7)
ブラックブック 短編集 (1)