世界

聖主の不満 (ファンタジー小説 世界 8)

 ←翌朝 (改訂版 乾き 5) →やっぱりえっちだった彼 (気まぐれ短編集 ブラックブック)
白を基調とした聖宮本殿の自室で、ペリッシュは微睡みの世界から現実へと舞い戻ってきた。

その華奢な肢体を起こすことなく小さな顔には似合わない大きめの瞳を閉じたままいつものように室内を感知する。

視線とマドによる監視がないことを自らのマドによって確かめ、それが朝の決め事のように己が瞳に怪しく異力を通す。

起き上がり開かれたその瞳には、その力を示す赤き光が本来の色を隠すように宿っていた。


声を出すことなく意識をマドにのせ部屋の外に飛ばすと、音もなく控えていた侍従が部屋の中に訪れる。

「聖主様、おはようございます」

挨拶に軽く頷き身支度に身を委ねるペリッシュ。

乱れていた髪は行儀よく整えられ、着ていた楽な寝着も正しきものへと着せ替えられる。

その地位に相応しき姿にと彼女が移り変わると、部屋の扉は開かれてその役目の場所へと今日も促された。

それは、聖主である彼女の長い一日の始まりであった。


白き無垢なるローブにその身を包んだ彼女の行き先は、聖宮本殿中央の大広間。

広間を閉ざす荘厳な大扉は彼女のために今朝も開かれ、多くの下僕なる信徒が並び傅く中央を分けるように放漫とも言える態度で歩みゆく。

大いなる威厳を伴ったその小さな身体が一段高き豪奢な玉座に収まると、並び傅く一段が揃えたように更に深く頭を垂れる。

それを満足げに眺めまわし頷く彼女に、待っていたように先頭の信徒から挨拶の言葉がかかる。


「聖主様におかれては今朝もご機嫌麗しく、世の………」

いつもと変わらぬ長々とした口上が単調に続く中、瞳を閉じ重々しく頷きながらもペリッシュは、心の内では聖主らしからぬ思いを密かに抱いていた。


…それにしても毎朝毎朝 飽きねえものだなこいつらは


ペリッシュは隙なく作られたその聖なる外見に似合わず心の中では、退屈な顔で呆れていたのであった。


「そんな不敬なことを思うでないぞ。敬虔なる信徒ばかりのこの場で主の心うちを読み取ろうとする輩などおるまいが用心に越したことはない」

思いを読み取られたようにペリッシュの頭の中に唐突に声が響いた。

それに驚くこともなく彼女はその面持ちを変えず神妙とも言える辛抱強さで、退屈な口上を阻むことなく静かに耳を傾け続ける。

…ああわかったよ。それにしてもあとどのくらいこの莫迦どもの茶番に付き合わなけりゃーなんないんだ

顔色一つ変えることなく彼女は声に心でこたえる。

「暫しの辛抱じゃ我慢せい。モンドの力は手に入れた、このあとは一つ一つ力の在り処を暴き出し我らが糧とするだけじゃ」

彼女の憤慨を宥めるように声なき声がまた響く。



…我らじゃなくてテメエのためだろ?



ペリッシュの吐き捨てるような返事に答えはなかった。

おそらくは力を閉じてしまったのだろう。

そんなやりとりを忌々しく思いながらも、聖なる者の勤めを果たすため、終わりが来るとは到底思えない長い苦渋の時間を

彼女は今朝もまた粛々と受け止めることにしたのであった。



にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト


総もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛小説
もくじ  3kaku_s_L.png 援交記
総もくじ  3kaku_s_L.png 詩・散文
総もくじ  3kaku_s_L.png ファンタジー 魔導人形シリーズ
総もくじ  3kaku_s_L.png ファンタジー 輝石シリーズ
もくじ  3kaku_s_L.png 遷都物語
もくじ  3kaku_s_L.png ジェノサイダー
もくじ  3kaku_s_L.png ミンストレル
もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
もくじ  3kaku_s_L.png 砂(小説)
もくじ  3kaku_s_L.png 小説 終春
もくじ  3kaku_s_L.png カウンセラー
もくじ  3kaku_s_L.png 挨拶
もくじ  3kaku_s_L.png 真夏の幻影
もくじ  3kaku_s_L.png 故郷
もくじ  3kaku_s_L.png 陽炎のように
もくじ  3kaku_s_L.png 魚人の街
もくじ  3kaku_s_L.png プチーツァ
もくじ  3kaku_s_L.png 戦乱の時代
もくじ  3kaku_s_L.png 世界
もくじ  3kaku_s_L.png イケメン彼女
もくじ  3kaku_s_L.png 原罪
もくじ  3kaku_s_L.png 転生
もくじ  3kaku_s_L.png 記憶
もくじ  3kaku_s_L.png 小説  GENZI
もくじ  3kaku_s_L.png ジゴロ
もくじ  3kaku_s_L.png 小説 エセエス
もくじ  3kaku_s_L.png 小説 思い出
もくじ  3kaku_s_L.png 詩人の愛
もくじ  3kaku_s_L.png 小説 ブロガー
もくじ  3kaku_s_L.png 好きなもの
もくじ  3kaku_s_L.png アバーブ
もくじ  3kaku_s_L.png 地上にて
もくじ  3kaku_s_L.png Dragon's woes
  • 【翌朝 (改訂版 乾き 5)】へ
  • 【やっぱりえっちだった彼 (気まぐれ短編集 ブラックブック)】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【翌朝 (改訂版 乾き 5)】へ
  • 【やっぱりえっちだった彼 (気まぐれ短編集 ブラックブック)】へ