転生

在り来りな序文の続き(B級ファンタジー 転生 2)

 ←朝 →酔夜にて (改訂版 乾き 3)

更に神は御託を並べ上げる。

この場合は神託と呼ぶのが正しいのであろうが、同類のドS野郎には御託で十分だろう。

奴の云うには、(興味本位で)作り上げてみた世界(奴の云うところ『茶番』)は、当初の思惑より一人歩きが激しく、世界を滅ぼすために配置した魔王とそれを阻止すべく配置した勇者の戦いが停滞したままだとのこと。

そんなマッチポンプ的なそれこそ茶番をする理由が、神なるものの娯楽と云うものらしいので、それこそ救いようのない話だ。

まさに、神も仏もないひどい話である。

その打開策として『道化』なるこの俺を遣わして、その膠着を断ち切ろうとするのが奴の狙い。

健全なる娯楽の健全なる運用。

そんな神の暇つぶしに付き合わされる世界にも同情心がおこり、それに付き合うことにしたわけなのだけど。


「道化に選ばれし対価を、お前はどう望む?」

厳かではあるが、含み笑いの混じるそんな言葉に俺は慎重に答える。

「即答はあまりにも愚かだから少しばかり考えさせてくれ、引き受けるには引き受けるから」

時間と云うものの概念がないらしいこの白い空間世界では、それは微々たる問題だったようだ。

俺の返答に頷き神が一時姿を消すこととなった。

何もない白さに閉口しつつも、それまでに奴の掲示した『茶番』なる世界について考え始める俺。

世界の広さは地球と同程度、文化レベルは産業革命以前と云うところだろうか。

お決まりの異世界での異生物、魔物魔人、獣人妖精など、できそこないのファンタジックな世界のようである。

それに魔王と勇者ときたら何のゲームの話だ。


それらの世界の中で、なさなければならない自分の役割りを円滑に進めるための力を考えなければならない。

世界を滅ぼすとか世界を救うとかの役割ではなく(魔王や勇者と戦うわけではないので)それらのシナリオを補助しこなすための能力。

できるだけ身軽なものでできるだけチートに。

そんな楽に過ごせるものを考えなければならないようだ。


戦う力は最低限必要だ。

事故とゆうものは注意だけではなく巻き込まれることもありうるのだから。

戦闘力かそれに同等の魔力ってとこだろうか。

あとは、文明の低さ(元の世界と比べてだが)状況を判断し戦況を知ることが出来る能力、これは魔法と云うやつで叶えるしかないのだろう。

人心を把握し歴史を導く力も必要そうだ。

魔王や勇者を倒すほどの魔力戦力火力はいらなさそうだが、前もって考えたことはそれに匹敵するほどの力ではないだろうか。

チートすぎて却下されそうだが、直接魔王や勇者を排除するようなことに制限を設けてもらえばいいだろう。

俺はそこまで考えて、取り敢えずダメもとで言ってみることにする。

あんたの娯楽のためだからと付け足すことも忘れずに。




にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村









関連記事
スポンサーサイト


総もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛小説
もくじ  3kaku_s_L.png 援交記
総もくじ  3kaku_s_L.png 詩・散文
総もくじ  3kaku_s_L.png ファンタジー 魔導人形シリーズ
総もくじ  3kaku_s_L.png ファンタジー 輝石シリーズ
もくじ  3kaku_s_L.png 遷都物語
もくじ  3kaku_s_L.png ジェノサイダー
もくじ  3kaku_s_L.png ミンストレル
もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
もくじ  3kaku_s_L.png 砂(小説)
もくじ  3kaku_s_L.png 小説 終春
もくじ  3kaku_s_L.png カウンセラー
もくじ  3kaku_s_L.png 挨拶
もくじ  3kaku_s_L.png 真夏の幻影
もくじ  3kaku_s_L.png 故郷
もくじ  3kaku_s_L.png 陽炎のように
もくじ  3kaku_s_L.png 魚人の街
もくじ  3kaku_s_L.png プチーツァ
もくじ  3kaku_s_L.png 戦乱の時代
もくじ  3kaku_s_L.png 世界
もくじ  3kaku_s_L.png イケメン彼女
もくじ  3kaku_s_L.png 原罪
もくじ  3kaku_s_L.png 転生
もくじ  3kaku_s_L.png 記憶
もくじ  3kaku_s_L.png 小説  GENZI
もくじ  3kaku_s_L.png ジゴロ
もくじ  3kaku_s_L.png 小説 エセエス
もくじ  3kaku_s_L.png 小説 思い出
もくじ  3kaku_s_L.png 詩人の愛
もくじ  3kaku_s_L.png 小説 ブロガー
もくじ  3kaku_s_L.png 好きなもの
もくじ  3kaku_s_L.png アバーブ
もくじ  3kaku_s_L.png 地上にて
もくじ  3kaku_s_L.png Dragon's woes
  • 【朝】へ
  • 【酔夜にて (改訂版 乾き 3)】へ

~ Comment ~

No title

何を願うのか、楽しみです。
神様が娯楽のために作ったファンタジー世界。
ちょっとメタな感じもして面白いです。

wwww


設定もB級で 発想も同じく

肩の凝らないものを目指してです^^
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【朝】へ
  • 【酔夜にて (改訂版 乾き 3)】へ