「恋愛小説」
乾き 改訂版

都合の良い女 (官能私小説 乾き 改訂版 1)

 ←仕方なく(T▽T) (雑記にて) →過去にやったことあるみたいw(雑記にて バトンww)

誰と居ても 渇いていた

何をしていても 渇いていた

幾度求めたとしても その乾き 満たされることなどなかった




仕事を終え部屋に戻れば、いつも待っていた。

いや、待っているのではなく、ただいつも居た。

このボクを待っているのではなく、まるで、この部屋の一部かのように。


ひとみは嫉妬深い女だった。

情の濃い女だった。


気まぐれで浮気なボクの何処がいいのか。

短気で寡黙なボクの何処がいいのか。


求めればいつでも応じてくれた。

望めば直ぐになんでもしてくれた。

そんな都合のいい女だった。


「そうだなあ、たまには仕事着でこいよ」

冗談とも本気とも取れないボクの声に問うような目線が応える。

「でも、白衣なんて消毒臭いよ。たぶん萎えちゃうから」

「そこがいいんだよ、制服が憧れなんだよ男って奴は」

熱心に繰り返し騙るボクに、彼女は恥ずかしげに言った。

「かずくんがそう言うなら…でも破いたりしないでね」

「あたりまえだろ加減するさ、こんな風に」

そう言いながらボクは再び傍らの温もりを押し倒す。

押し倒し覆いかぶさり、乱暴に突き入れたあと激しく抽出を繰り返す。

「っあああ…」

もう、ひとみはそんなボクの腰の動きに合わせ、喘ぐばかりで言葉を返す事もその夜はなかった。



関連記事
スポンサーサイト


総もくじ 3kaku_s_L.png 恋愛小説
総もくじ 3kaku_s_L.png 詩・散文
総もくじ 3kaku_s_L.png ファンタジー 魔導人形シリーズ
総もくじ 3kaku_s_L.png ファンタジー 輝石シリーズ
総もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛小説
もくじ  3kaku_s_L.png 援交記
総もくじ  3kaku_s_L.png 詩・散文
総もくじ  3kaku_s_L.png ファンタジー 魔導人形シリーズ
総もくじ  3kaku_s_L.png ファンタジー 輝石シリーズ
もくじ  3kaku_s_L.png 遷都物語
もくじ  3kaku_s_L.png ジェノサイダー
もくじ  3kaku_s_L.png ミンストレル
もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
もくじ  3kaku_s_L.png 砂(小説)
もくじ  3kaku_s_L.png 小説 終春
もくじ  3kaku_s_L.png カウンセラー
もくじ  3kaku_s_L.png 挨拶
もくじ  3kaku_s_L.png 真夏の幻影
もくじ  3kaku_s_L.png 故郷
もくじ  3kaku_s_L.png 陽炎のように
もくじ  3kaku_s_L.png 魚人の街
もくじ  3kaku_s_L.png プチーツァ
もくじ  3kaku_s_L.png 戦乱の時代
もくじ  3kaku_s_L.png 世界
もくじ  3kaku_s_L.png イケメン彼女
もくじ  3kaku_s_L.png 原罪
もくじ  3kaku_s_L.png 転生
もくじ  3kaku_s_L.png 記憶
もくじ  3kaku_s_L.png 小説  GENZI
もくじ  3kaku_s_L.png ジゴロ
もくじ  3kaku_s_L.png 小説 エセエス
もくじ  3kaku_s_L.png 小説 思い出
もくじ  3kaku_s_L.png 詩人の愛
もくじ  3kaku_s_L.png 小説 ブロガー
もくじ  3kaku_s_L.png 好きなもの
もくじ  3kaku_s_L.png アバーブ
もくじ  3kaku_s_L.png 地上にて
もくじ  3kaku_s_L.png Dragon's woes
  • 【仕方なく(T▽T) (雑記にて)】へ
  • 【過去にやったことあるみたいw(雑記にて バトンww)】へ
  • Tag List 
  •  * |

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【仕方なく(T▽T) (雑記にて)】へ
  • 【過去にやったことあるみたいw(雑記にて バトンww)】へ