FC2ブログ

ラミアと云う名の少女 (ファンタジー小説 気が付けば大魔王 5)


どれほどの時が過ぎたのだろうか。

内なる殻を破り私を引き戻したのは、夢からの目覚めではなくイケメンの声だった。

「それで、アミどの…いや、アミ様。あなたはご自分がどなたであると主張なされるのですか?あなたが思い描くご自分の姿を強く願い、わたくしめに見せていただけないものでしょうか」


「私は亜美よ…こんなへんなオヤジじゃなくて」

イケメンの声に惑わされたように私は呟いた。

小さな声でしかなかったけど、それでもできる限り自分を強く強く念じながら。


何故かそのあとの返事が、イケメンから返ってこなかった。

そこで、懸命に目まで強く瞑って念じ続けていた私は、おそるおそる瞼を開きイケメンの方を見ることにした。

そこには、鏡に映った見覚えのある私自身の顔に声が出ないような感じの彼がいた。



「…ラミア様…」

イケメンは長い沈黙のあと、やっとそんな言葉を絞り出してきた。

「えっ?これが私。魔王とか魔族じゃない人間の私、亜美なんだけど…」

イケメンの言葉に引きずられた私は、少しばかり自身をなくしたように言った。


「アモン様の亡くされた娘…ラミア様が何故…」

「もう一度言うわ、これは私の顔よ…」


再びあげた私の抗議の声にイケメンが我に返ったみたい。


「失礼しましたアミどの、私の知っている方に似ていたので…」

「あなたの知ってる人?あっ魔族か」

「本来、人と我ら魔族には生き物としては大差がありません。多少の長寿と魔力の差ぐらいのものです」

(それって、大きな違いよね)

私は彼の言葉に思わず心の中で反論を上げていた。


「見てもらえますか?私の覚えているラミア様を」

そう言って映し出されたものは、私のよく知っている少女であった。

結んだ長い髪、くりっとした眼、ドヤ顔で得意げなそれは、ちっちゃな頃の私のまんまだった。

髪の色と瞳の色がちょっとだけ違ったけど。

実家の方で、写真にたくさん残ってるはずのその少女を、イケメンはラミアと言って譲らなかった。

そんな彼の言葉を聞くうちに、お転婆でませていたあの頃の私は、悪く言えばわがままな魔王のようだったことを何故か私は思い出す。

そして先程からのアモンと呼ばれるオヤジの雰囲気が、私の本当の父親、実家に住むオヤジどのに似ていることにも気づいてしまっていた。


関連記事
スポンサーサイト
フラメント
Posted byフラメント

Comments 2

There are no comments yet.

椿  

タイトル

こちらも大変続きが気になるお話です。
この相似の謎はいったい?
更新お待ちしております。

2015/01/01 (Thu) 22:51 | EDIT | REPLY |   

フラメント  

お早う御座います椿さん


珍しく 色々と考えながらの執筆なので

長い目で 長い目で お待ちくださいませw

2015/01/03 (Sat) 06:30 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply