魔窟 エリア5 最深部  三日目 そのあと 5

author photo

Byフラメント

誰もが知っているように魔石とは文字通り、魔獣が身体に一つは持っている石のことだ。

俺でさえも一度見かけただけの眠れる畏敬の魔獣ドラグーも、其の辺の木々の枝でさざめいてる無害なフライブも、魔窟の深淵に撓み淀む異形のスタールでさえ、この小指ほどの水晶にも似た輝玉を内に宿してる。

獣と魔獣を区別するこの輝玉、魔道士が呼ぶところの魔石は、かの神話が指し示すように人々に害なすものとして魔獣を忘れることなく刻み込まれているのだ。

普段、多くの魔獣は人と争うこともなく諍いがあるとしても害獣ていどのものであるが、神話が語るように魔石を抱く獣として皆一丸となり、再び世界を取り上げる日が来るのを人は恐れているのだろう。

かつての、いにしえの魔獣神の手によってのことのように。


そんな思いにふけりながらも、ベイルのやつに俺は答えた。

「魔石なら魔窟での俺の取り分が山のようにあるはずだ。メンバーの一人であるシーフのノルウェイラットが売り捌いてねえ限りな」

「それは助かります、手持ちで足りなければ魔窟探査も考えてました。ググのパーティの補佐として」

俺はその言葉に愕然とする。

…そうだ補佐で良かったんだ

…そうすりゃこんな悩むこともなかった

と。

「でも、ググにお願いして探査に加わってみようかな?グリムの動きを確認したいしリアの戦士としてのレベルも図りたいし…ランスさんからもお願いできますか?探査は未経験ですけど一応ボクも上級クラスの魔道士ですから」

ベイルのやつの言葉に、俺は計算高く考え始める。

使えない木偶人形、言葉の通じない補佐レベルの戦士、アイテム集めしかやらないシーフ。

改めて考えるとひどいメンバーだ。

コイツほどの有名な魔具士人形士が云うのだから、手前の面倒ぐらいはこの女人形は取れるだろう。

賢者であるググが加わらない以上、上級魔道士は魔窟探査では必要なものだ。

女人形を片翼に並べてメンバーの防御にあたらせて、俺が切り込めばなんとかなるかも知れない。

守られた状態なら素人魔道士でもいないよりはましだ。

さっきの思いつきを、おいおい話易くもなるしな。

皆殺しとして注目を浴びていた頃の俺が戻ってきたようだった。

俺は此処まで考えを巡らし、勿体ぶってベイルに向かう。

「まあ、身体を何日か休めたあとでならお前たちの面倒も見れるだろう」

「その間にお前はは、お前の仕事を。俺は骨休みもかねてそのリアの相手をするようにだな」

「ありがとうございます、先ずはこの剣の具合を見てからそうさせてください」

「ああそうしようぜ」

なかなか素直なやつだと俺は思い、今度ははっきりと言葉にした。




にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト
Share

Comments 2

椿  

NoTitle

魔力の元となっている魔石は魔獣から取れるんですね。なるほど、ゲームっぽくて面白いです。

そしてランスさんにすっかりハマっている私です。
なんかもう……ツボすぎる。

2014/10/12 (Sun) 18:07 | EDIT | REPLY |   

フラメント  

お早う御座います 椿さん

> 魔力の元となっている魔石は魔獣から取れるんですね。なるほど、ゲームっぽくて面白いです。
>
> そしてランスさんにすっかりハマっている私です。
> なんかもう……ツボすぎる。

魔石については他の用途や力もあるのですが

おいおい其の辺も描いていくつもりであります^^

2014/10/13 (Mon) 07:46 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

小説  鬼畜   (6)
世界 改訂版 (ファンタジー小説) (1)
小説  サンドラ (1)
恋愛小説 (16)
乾き 改訂版 (8)
蒼き日々の情景(私小説) (5)
ベイサイドペイン (3)
気まぐれ短編集 ブラックブック (8)
改訂版  娼婦はなんでも知っている (1)
娼婦は何でも知っている(Rファンタジー) (51)
援交記 (4)
小説 メロンパン(悲しき現実) (3)
戯言 (暗い詩) (1078)
詩・散文 (949)
嘆き (131)
君に(大好きな君に捧ぐ言葉) (90)
詩 (639)
七分 (56)
つれづれなる散文 (19)
ファンタジー 魔導人形シリーズ (38)
冥府の守護者 (2)
荒ぶる人形 (4)
凍てつく人形 (6)
人形使い ~グレムと楽しい仲間たち~ (18)
オールドファイター(ファンタジー) (7)
人魔再戦 (1)
ベアルドナルドラ物語(ファンタジー) (31)
全知全能の使役師 バンズ(ファンタジー) (20)
旅の少女(ファンタジー) (1)
ファンタジー 輝石シリーズ (17)
泣き虫王子と三つの輝石(改訂版) (2)
輝石物語 (10)
Legendary Mage & Almighty pyroxene (5)
遷都物語 (10)
ジェノサイダー (4)
ミンストレル (1)
雑記 (346)
官能小説 (72)
虚構の夢(官能小説) (22)
被虐のうた(官能小説) (23)
荒廃(官能小説) (10)
被虐の夢路(官能小説) (2)
爛れた日々(官能小説) (0)
ラバーズ (官能小説) (5)
改訂版  下衆 (官能陵辱小説) (7)
官能小説 エイリアン (3)
砂(小説) (0)
小説 水ケ谷探偵社事件帳 (0)
小説 終春 (0)
カウンセラー (0)
挨拶 (2)
SF小説 さよなら人類 (1)
真夏の幻影 (6)
故郷 (0)
陽炎のように (1)
よろず何でも相談社 (6)
サッキュバスの惑星 (5)
魚人の街 (3)
S級エージェント ファルコンズアイ (2)
プチーツァ (4)
浅ましき夢をみし (1)
ノイズ (SF小説) (5)
戦乱の時代 (1)
堕ちゆく世界と慈悲の女王 (3)
メトロの住人達 (スパイラル銀河 アルタイル) (10)
異界転生 (ファンタジー小説) (2)
シーフ 賊と呼ばれた男 (20)
真昼の月と夜の海 (3)
小説 バイオール (2)
何か (擬似恋愛小説) (4)
ユニーカーズ 苦労人な私 (ファンタジー小説) (2)
世界 (20)
ギミック 最悪なパーティーがゆく (ファンタジー小説 (1)
イケメン彼女 (3)
原罪 (2)
漆黒の邪龍 DirtyDrgon (8)
気が付けば大魔王 (5)
ファンタジー小説 パールパピヨン (2)
転生 (2)
記憶 (3)
SF小説 バッドエンド (2)
小説  GENZI (1)
ジゴロ (3)
プロジェクト AF (1)
小説 エセエス (1)
詩ですらない何か&自己満足 (1)
小説 思い出 (3)
詩人の愛 (1)
小説 ブロガー (1)
好きなもの (1)
トレデキム   漆黒の邪龍 ダーティードラゴン (11)
埋没   ~ セフレ以上恋人未満 ~  (恋愛小説) (1)
迷子  官能小説 (7)
ブラックブック 短編集 (1)