「ファンタジー 魔導人形シリーズ」
人魔再戦

それぞれの始まり 1

 ←魔窟 エリア5 最深部  三日目 そのあと 3 →魔窟 エリア5 最深部  三日目 そのあと 4
静寂なる時の支配する中 まどろみを揺るがす声を我は耳にする

永劫の眠りを妨げるものそれは 遠い遠い記憶の底で燻っていた高揚をいざなう光明にも似ていた気がした

再び静寂を取り戻したものの それは均衡に別れを告げる再来とも取れるのを我は安らぎの中で感じていたのかもしれなかったのだが



この冬はいい冬なのだと感じる

傍らで蠢く子らも腹を空かして特に騒ぐこともなく  それを黙らせる乳の張り具合も途絶えることのない獲物が齎す恵みに常に孕み続けているからだ

今年の連れ合いがいつになく執着があるのもいいことなのかもしれない

これで獲物を求めてアレらの地へと下ることもないのだろう

何か特別なことでもない限り

そう、古き長の語りつぐあのような特別なことでもない限り




「邪悪なる精霊よ、いにしえの誇り高きものよ、我の声に汝方向け我の願い汝頷きその姿その力我に示せよ、<古・闇・再・蘇・我・従>…」禍々しき魔道の流れが集約し始めると、その声の持ち主の手のひらに闇の如き黒い灯火が浮かびあがった。





「…トレースの術式は、いわば操魔道の裏返しであり、魔道によって魔石を動かし操る一連の動作を、逆に魔石の動きを感知し記録し…」

男の声が学堂に広がる。

その広い学堂の末席で講義を聴きながら少女は、欠伸が口元から顔を覗かせるのを止めることができなかった。

そもそも賢者の証など少女には興味もなく、ましてやこの胡散臭い特別講師なる者の講義が魔道とは場違いなものにしか思えなかったからだ。

少女たちを目の前にして淡々と講義を続けるこの者が、少女たちと共に講義を受けるときには、目が合うたびに失笑を自分に向け莫迦にしてるとしか思えなかったことも原因かもしれないが。

とにかくこの少女ルル・エジョ・マーリナルは講義など上の空で、退屈な話が消え去るまで長い年月で煤けている講堂の高い天井ばかりを見上げていた。




にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村






スポンサーサイト


総もくじ 3kaku_s_L.png 恋愛小説
総もくじ 3kaku_s_L.png 詩・散文
総もくじ 3kaku_s_L.png ファンタジー 魔導人形シリーズ
総もくじ 3kaku_s_L.png ファンタジー 輝石シリーズ
総もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛小説
もくじ  3kaku_s_L.png 援交記
総もくじ  3kaku_s_L.png 詩・散文
総もくじ  3kaku_s_L.png ファンタジー 魔導人形シリーズ
総もくじ  3kaku_s_L.png ファンタジー 輝石シリーズ
もくじ  3kaku_s_L.png 遷都物語
もくじ  3kaku_s_L.png ジェノサイダー
もくじ  3kaku_s_L.png ミンストレル
もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
もくじ  3kaku_s_L.png 砂(小説)
もくじ  3kaku_s_L.png 小説 終春
もくじ  3kaku_s_L.png カウンセラー
もくじ  3kaku_s_L.png 挨拶
もくじ  3kaku_s_L.png 真夏の幻影
もくじ  3kaku_s_L.png 故郷
もくじ  3kaku_s_L.png 陽炎のように
もくじ  3kaku_s_L.png 魚人の街
もくじ  3kaku_s_L.png プチーツァ
もくじ  3kaku_s_L.png 戦乱の時代
もくじ  3kaku_s_L.png 世界
もくじ  3kaku_s_L.png イケメン彼女
もくじ  3kaku_s_L.png 原罪
もくじ  3kaku_s_L.png 転生
もくじ  3kaku_s_L.png 記憶
もくじ  3kaku_s_L.png 小説  GENZI
もくじ  3kaku_s_L.png ジゴロ
もくじ  3kaku_s_L.png 小説 エセエス
もくじ  3kaku_s_L.png 小説 思い出
もくじ  3kaku_s_L.png 詩人の愛
もくじ  3kaku_s_L.png 小説 ブロガー
もくじ  3kaku_s_L.png 好きなもの
もくじ  3kaku_s_L.png アバーブ
もくじ  3kaku_s_L.png 地上にて
もくじ  3kaku_s_L.png Dragon's woes
  • 【魔窟 エリア5 最深部  三日目 そのあと 3】へ
  • 【魔窟 エリア5 最深部  三日目 そのあと 4】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【魔窟 エリア5 最深部  三日目 そのあと 3】へ
  • 【魔窟 エリア5 最深部  三日目 そのあと 4】へ