原罪

2 (小説 原罪)

 ←1 (小説 原罪) →新たなる争い 8 (小説 輝石物語)
「だいたい克也アンタに聞くけど、好意を告白されてすぐにホテルへ行こうってゆうアンタの行動はいったい何処から来るの?アンタのおつむの中身はどうなってるの?」

「えっ?だってそうゆうことでしょ?」

冷たい視線を真顔で受けとめて、オレは当然のようにそう言い放った。

「どうしてそうなっちゃうのよ?」

冷たい視線はますます冷たく白いものへとかわる。

「だって、オレに好意を抱いてるってことは、そうゆう関係をのぞんでるんだろ?」

視線の意味がわからずにそう答えた。

「なんで飛躍しちゃうの、アンタたちの歳で抱かれたいっていきなり思って告白するなんて無いに等しい話よ」

「だから、オレの事が好きで告白するんだろ?好きな相手のオレがそれを望めば、好きだから構わないって思うんじゃない?」

「そこが飛躍しすぎよ、それは告白して相手も自分に好意を持ってくれて、付き合い始めてデートも重ねて、互いの想いを積み重ねあって、さらにドラマチックに高ぶりあってからの話よ。段階が必要なの!」


「最終的にそうなら、けっきょく一緒じゃないの?最初がダメなら時間がたってもダメなものはダメなんじゃない?」

「付き合ってるうちにそう思えるものなの!普通はね」


「それでこの話が何処につながるの?」

「アンタの行動パターンよ!第一、幼いころのアンタを知ってる私でさえ断ったりしたら、さよならするつもりだったでしょ?」

「オレ、麻理さんに告白された事ないけど…、告白したのはオレからだし」

「あれは告白っていわないの、いきなり「オレとえっちしてくれない?」なんてのはセクハラってゆうわ」

「オレとしては麻理さんが憧れで、好きで、できることならいつも一緒にいたくて恋人になりたくて、そうゆう関係にもなりたくてそんなこと考えてのことだけど」


「…それを言わなきゃダメね、普通は。熱心に何度もね」


「でも、OKしてくれた…」

「それは私がアンタの事をちっちゃい頃から知っていてアンタの境遇も知っていて…、可愛い弟みたいに思ってて、アンタが口数が少なくて想いを伝えることが下手で…なによりもそんな対象にみてくれた事が少し嬉しかったからよ」


最後は少し微笑みながらの言葉だった。










少し前に書いて話で 続き ないですww

出だしを読み返せば 何か伏線でも考えていたのでしょうけど

思い出せませんww

なんか 思いついたら また 書きますw


いちごはニガテ


関連記事
スポンサーサイト
総もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛小説
もくじ  3kaku_s_L.png 援交記
総もくじ  3kaku_s_L.png 詩・散文
総もくじ  3kaku_s_L.png ファンタジー 魔導人形シリーズ
総もくじ  3kaku_s_L.png ファンタジー 輝石シリーズ
もくじ  3kaku_s_L.png 遷都物語
もくじ  3kaku_s_L.png ジェノサイダー
もくじ  3kaku_s_L.png ミンストレル
もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
もくじ  3kaku_s_L.png 砂(小説)
もくじ  3kaku_s_L.png 小説 終春
もくじ  3kaku_s_L.png カウンセラー
もくじ  3kaku_s_L.png 挨拶
もくじ  3kaku_s_L.png 真夏の幻影
もくじ  3kaku_s_L.png 故郷
もくじ  3kaku_s_L.png 陽炎のように
もくじ  3kaku_s_L.png 魚人の街
もくじ  3kaku_s_L.png プチーツァ
もくじ  3kaku_s_L.png 戦乱の時代
もくじ  3kaku_s_L.png 世界
もくじ  3kaku_s_L.png イケメン彼女
もくじ  3kaku_s_L.png 原罪
もくじ  3kaku_s_L.png 転生
もくじ  3kaku_s_L.png 記憶
もくじ  3kaku_s_L.png 小説  GENZI
もくじ  3kaku_s_L.png ジゴロ
もくじ  3kaku_s_L.png 小説 エセエス
もくじ  3kaku_s_L.png 小説 思い出
もくじ  3kaku_s_L.png 詩人の愛
もくじ  3kaku_s_L.png 小説 ブロガー
もくじ  3kaku_s_L.png 好きなもの
もくじ  3kaku_s_L.png アバーブ
もくじ  3kaku_s_L.png 地上にて
もくじ  3kaku_s_L.png Dragon's woes
  • 【1 (小説 原罪)】へ
  • 【新たなる争い 8 (小説 輝石物語)】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【1 (小説 原罪)】へ
  • 【新たなる争い 8 (小説 輝石物語)】へ