娼婦は何でも知っている(Rファンタジー)

ドゥースの惑乱  15 (小説 娼婦は何でも知っている)

 ←ドゥースの惑乱  14 (小説 娼婦は何でも知っている) →ドゥースの惑乱  16 (小説 娼婦は何でも知っている)
積もっていたものが取り敢えず収まったのであろうか、それとも疲れなのであろうか、部屋の中は疼くばかりの私の呻きだけが取り残されていた。

身体中の痛みからの悦びに麻痺した私の目に映るものは、静かに窓の外を眺めるご主人様の姿だった。

私はこの何もされない待たされる時間が好きなのだ。

期待が膨らみ身体の疼きばかりが私を支配する。

更なる責め苦の訪れか、牡による絶え間ない陵辱か、それらの思いが痺れるように渦巻いて屠殺を願うドゥースのように、ただ時だけが私に流れてゆく。

そしてそれは不意に破られる事となった。

「こっちへ来るんだ」

そう言われた私は、壁から外され鎖の繋がった枷もそのままに、外の景色が望める窓へと引きずられてゆく。

「見てみろ」

開け放たれた窓枠に手を付くように命ぜられた私が言われた通りにし外を眺めると、もっと下だとばかりに頭が押さえ込まれた。

「今から、お前がわしのものだと云う事をみせつけてやるのだ」

そう言われた私は、そのまま背後から貫かれることとなった。



中庭からこちらを見つめる若者を目にしながら。

身体の奥まで抉る牡の抽出とあの若者に見られていると云う思いは私に大きな愉悦をもたらす。

「遠慮せずに声をあげるのだ、誰が一番かを告げるのだ聴かせるようにな」

首の鎖を思い切り引かれる苦しみと、激しく打ち込まれる愉悦の中で私は叫んでいた。

「ご主人様が一番です、もっと!もっと!」と。

そんな私の醜態が続く間、ただ若者は苦悶の表情でずっと目をそらすことなく見つめているばかりのようだった。




にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト


総もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛小説
もくじ  3kaku_s_L.png 援交記
総もくじ  3kaku_s_L.png 詩・散文
総もくじ  3kaku_s_L.png ファンタジー 魔導人形シリーズ
総もくじ  3kaku_s_L.png ファンタジー 輝石シリーズ
もくじ  3kaku_s_L.png 遷都物語
もくじ  3kaku_s_L.png ジェノサイダー
もくじ  3kaku_s_L.png ミンストレル
もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
もくじ  3kaku_s_L.png 砂(小説)
もくじ  3kaku_s_L.png 小説 終春
もくじ  3kaku_s_L.png カウンセラー
もくじ  3kaku_s_L.png 挨拶
もくじ  3kaku_s_L.png 真夏の幻影
もくじ  3kaku_s_L.png 故郷
もくじ  3kaku_s_L.png 陽炎のように
もくじ  3kaku_s_L.png 魚人の街
もくじ  3kaku_s_L.png プチーツァ
もくじ  3kaku_s_L.png 戦乱の時代
もくじ  3kaku_s_L.png 世界
もくじ  3kaku_s_L.png イケメン彼女
もくじ  3kaku_s_L.png 原罪
もくじ  3kaku_s_L.png 転生
もくじ  3kaku_s_L.png 記憶
もくじ  3kaku_s_L.png 小説  GENZI
もくじ  3kaku_s_L.png ジゴロ
もくじ  3kaku_s_L.png 小説 エセエス
もくじ  3kaku_s_L.png 小説 思い出
もくじ  3kaku_s_L.png 詩人の愛
もくじ  3kaku_s_L.png 小説 ブロガー
もくじ  3kaku_s_L.png 好きなもの
もくじ  3kaku_s_L.png アバーブ
もくじ  3kaku_s_L.png 地上にて
もくじ  3kaku_s_L.png Dragon's woes
  • 【ドゥースの惑乱  14 (小説 娼婦は何でも知っている)】へ
  • 【ドゥースの惑乱  16 (小説 娼婦は何でも知っている)】へ

~ Comment ~

NoTitle

こんばんは。
ごたごた忙しくて、なかなか訪問できなくてすみません。

久々に読ませていただきましたが、相変わらずぶっ飛ばしてますね(笑)
もう、なんとゆーか、ある意味圧巻です。

逆にテンプレートはえらく爽やかになりましたね(笑)

藍澤響平さん お早う御座います

> こんばんは。
> ごたごた忙しくて、なかなか訪問できなくてすみません。
>
> 久々に読ませていただきましたが、相変わらずぶっ飛ばしてますね(笑)
> もう、なんとゆーか、ある意味圧巻です。
>
> 逆にテンプレートはえらく爽やかになりましたね(笑)

テンプレは 女性ファン獲得のための 姑息な手段ですwwww
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【ドゥースの惑乱  14 (小説 娼婦は何でも知っている)】へ
  • 【ドゥースの惑乱  16 (小説 娼婦は何でも知っている)】へ