娼婦は何でも知っている(Rファンタジー)

ドゥースの惑乱  10 (小説 娼婦は何でも知っている)

 ←ドゥースの惑乱  9 (小説 娼婦は何でも知っている) →ドゥースの惑乱  11 (小説 娼婦は何でも知っている)
部屋に入るなり若者は、私の唇を求めてきた。

息が詰まるほどの長い口づけの間に、私のガウンの帯は解かれそのまま寝台へと優しく押し倒される。

絡まりあっていた舌は名残惜しさを私に残しながら、はだけて顕になった私の胸へと下り始める。

頂きを強く吸われ、もう一方の膨らみが鷲掴みにされる頃には、潤いで匂いたった牝が我慢できないほど疼きだしていた。

熱い喘ぎをもらし、捩るように蠢く私の腰つきに、若者がわかったとばかりにうなづいて、私の腰にまわしていた手をすべりおろす。

揉みしだく手を休めることもなく舐め上げ吸い続ける口もそのままに、私の脚は押し開かれ撫で上げられるように疼く牝をまさぐられてゆく。

薄い茂みの下で、モノ欲しげに開いて悦びのしるしを滲ませているであろう私の牝に、若者の指が深く射し込まれてゆく。

ぬるりと咥え込まれた指が、窮屈げに中ほどを刺激し始めると私は声をあげ、軽く意識が遠のいてしまった。

「カメリア、ここがいいの?」

喘ぎながら小刻みに頷くばかりの私は、やっとの思いで望みを口にする。

「いいの、そこがとてもいいの、でも指よりアレンの固いアレでして欲しいの」


「わかったよ、カメリア」

そう言って私の身体から起き上がり離れ、私の横で膝立ちになった若者がシャツを脱ぎ始めた。

そんな僅かな時間さえももどかしく、私は若者の履いているものを全てずり下ろし、固く熱くそそり立つものを飢えたドゥースよろしく、口いっぱいに頬張っていた。



にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト


総もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛小説
もくじ  3kaku_s_L.png 援交記
総もくじ  3kaku_s_L.png 詩・散文
総もくじ  3kaku_s_L.png ファンタジー 魔導人形シリーズ
総もくじ  3kaku_s_L.png ファンタジー 輝石シリーズ
もくじ  3kaku_s_L.png 遷都物語
もくじ  3kaku_s_L.png ジェノサイダー
もくじ  3kaku_s_L.png ミンストレル
もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
もくじ  3kaku_s_L.png 砂(小説)
もくじ  3kaku_s_L.png 小説 終春
もくじ  3kaku_s_L.png カウンセラー
もくじ  3kaku_s_L.png 挨拶
もくじ  3kaku_s_L.png 真夏の幻影
もくじ  3kaku_s_L.png 故郷
もくじ  3kaku_s_L.png 陽炎のように
もくじ  3kaku_s_L.png 魚人の街
もくじ  3kaku_s_L.png プチーツァ
もくじ  3kaku_s_L.png 戦乱の時代
もくじ  3kaku_s_L.png 世界
もくじ  3kaku_s_L.png イケメン彼女
もくじ  3kaku_s_L.png 原罪
もくじ  3kaku_s_L.png 転生
もくじ  3kaku_s_L.png 記憶
もくじ  3kaku_s_L.png 小説  GENZI
もくじ  3kaku_s_L.png ジゴロ
もくじ  3kaku_s_L.png 小説 エセエス
もくじ  3kaku_s_L.png 小説 思い出
もくじ  3kaku_s_L.png 詩人の愛
もくじ  3kaku_s_L.png 小説 ブロガー
もくじ  3kaku_s_L.png 好きなもの
もくじ  3kaku_s_L.png アバーブ
もくじ  3kaku_s_L.png 地上にて
もくじ  3kaku_s_L.png Dragon's woes
  • 【ドゥースの惑乱  9 (小説 娼婦は何でも知っている)】へ
  • 【ドゥースの惑乱  11 (小説 娼婦は何でも知っている)】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【ドゥースの惑乱  9 (小説 娼婦は何でも知っている)】へ
  • 【ドゥースの惑乱  11 (小説 娼婦は何でも知っている)】へ