サッキュバスの惑星

リリス&アダム (小説 サッキュバスの惑星)

 ←ナリア&ズッカ (小説 サッキュバスの惑星) →認識  (小説 魚人の街)
『アダム、探査宙域の分類を始めるわ』

「了解だよ、リリス」

少年とも言えるほどの色白な若者がライブスクリーンに返答をした。

ザ・バンク直属の巨大探査艇スレイブリー号のブリッジに佇む若者は、メインAIでもあるリリスはもとより、この巨大な船自体をも独りで支配している。

ネオバイオロイドでもありシーカーでもある、彼の能力所以なのだが。


『この辺りの宙域は、帝国の手から外れて文化の退行した系も多いから、サンプリングも上陸によるものが多くなるかもね』

「可愛いキミの導きがあれば、どんなにお堅い星だってボクの従属に屈するはずさ」

『まあそうだけど、私の手腕を持ってすれば時代遅れの初心なセキュリティなど跡形もなく剥ぎ取ってみせるわ』

「よろしく頼むよ、リリス」

会話の間にもメイン・シークシステムが居住可能な星系を拘束するために網を絞り続けている。ブルーなネットマップに赤い点が幾つか点滅を始める。

そのひとつをロックオンして距離と時間がモニターされた。

『どうやら最初の可愛子ちゃんが見つかったみたい。まずはこの子から征服しましょう』

「そうだね、まずは口を塞いで耳を塞いで目を覆わないと」

『そうね、警告システムを黙らせて探知システムを骨抜きにしないと』

「完全に屈服させてからゆっくりといつものように蹂躙しよう。ほんのちょっぴりだけね」

バイオロイド特有な無機質な笑みを浮かべアダムと呼ばれる青年は囚われたままの赤い点を見つめ続けていた。



ここ惑星テラリスは銀河帝国が支配するAL星系の最遠の縁に位置し、初期の植民化計画の中では数少ない移住可能だった星である。

正確に言えば移住ではなく、遭難に近かったのだが。

荒涼とした渇いた大地に覆われ、陸地の五分の一にも満たないささやかな海も、極冠の地で大半が巨大な氷河の形だった。

唯一の国家であるフィメギル・ダ・クインダムは、北冠を取り囲む形で形成され、氷河からの恵みによってほそぼそと建国以来の営みを続けていた。

そして、女王国南端の丘に頓挫した神殿では、今日も神眼を象った広間にて神への感謝の祈りが続いていた。

新米の巫女であるセロナが、神の瞳である十二もの穏かな緑の光に祈りを始めて暫くすると、けたたましい神の怒りが響き、穏かな瞳が全て赤く染まってしまったことに気付いた。

セロナは慌てふためいたまま神殿の奥深くへ駆け出して神官に報告をした。

「ゲイター様、お告げが!神がお怒りに!」

「莫迦な!建国以来、神は穏かなまま長い歳月をお過ごしになっておるのだ」

「では、ご自分の眼でお確かめくださいませ」

巫女の異様な怯え方に、しぶしぶと神官も広間にと向かっていった。

舞台的には DD の住む アルタイル銀河なのですが


こんな 素敵イラストまで頂いたので

是非とも 続きを…

planet of succbus222
関連記事
スポンサーサイト
総もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛小説
もくじ  3kaku_s_L.png 援交記
総もくじ  3kaku_s_L.png 詩・散文
総もくじ  3kaku_s_L.png ファンタジー 魔導人形シリーズ
総もくじ  3kaku_s_L.png ファンタジー 輝石シリーズ
もくじ  3kaku_s_L.png 遷都物語
もくじ  3kaku_s_L.png ジェノサイダー
もくじ  3kaku_s_L.png ミンストレル
もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
もくじ  3kaku_s_L.png 砂(小説)
もくじ  3kaku_s_L.png 小説 終春
もくじ  3kaku_s_L.png カウンセラー
もくじ  3kaku_s_L.png 挨拶
もくじ  3kaku_s_L.png 真夏の幻影
もくじ  3kaku_s_L.png 故郷
もくじ  3kaku_s_L.png 陽炎のように
もくじ  3kaku_s_L.png 魚人の街
もくじ  3kaku_s_L.png プチーツァ
もくじ  3kaku_s_L.png 戦乱の時代
もくじ  3kaku_s_L.png 世界
もくじ  3kaku_s_L.png イケメン彼女
もくじ  3kaku_s_L.png 原罪
もくじ  3kaku_s_L.png 転生
もくじ  3kaku_s_L.png 記憶
もくじ  3kaku_s_L.png 小説  GENZI
もくじ  3kaku_s_L.png ジゴロ
もくじ  3kaku_s_L.png 小説 エセエス
もくじ  3kaku_s_L.png 小説 思い出
もくじ  3kaku_s_L.png 詩人の愛
もくじ  3kaku_s_L.png 小説 ブロガー
もくじ  3kaku_s_L.png 好きなもの
もくじ  3kaku_s_L.png アバーブ
もくじ  3kaku_s_L.png 地上にて
もくじ  3kaku_s_L.png Dragon's woes
  • 【ナリア&ズッカ (小説 サッキュバスの惑星)】へ
  • 【認識  (小説 魚人の街)】へ

~ Comment ~

NoTitle

アダムはファングが言っていた「シーカーズ」の一人なのでしょうか?

それも含めて続きが楽しみです。

ファンタジー世界にも似た異質な星国家と、人類?の(再)接触というテーマは大好きです。

椿さん今晩は~4ww

> アダムはファングが言っていた「シーカーズ」の一人なのでしょうか?
>
> それも含めて続きが楽しみです。
>
> ファンタジー世界にも似た異質な星国家と、人類?の(再)接触というテーマは大好きです。


シーカーズの設定が 書き始めた頃は 定まってなかったのですが 

一応 そのつもりですw


帝国が支配する アルタイル銀河なのですが 辺境の未開の惑星も多く

初期頃の移民船団が根付いた惑星とかも 不慮の事故とかで

帝国との接触がきれ 忘れられてしまったものも 多くあるようです


帝国のデータバンクとシーカーズたちは その偏執的な使命により

そんな 星々でさえ 再び探しまわり

帝国ではなく データバンク独自の 範図に記録しようと日々 銀河を彷徨っているのです


管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【ナリア&ズッカ (小説 サッキュバスの惑星)】へ
  • 【認識  (小説 魚人の街)】へ