意地悪な選択


男が手にしたものは、ゆみに穿かせられているモノよりも醜悪なものだった。

先程と同じグロテスクで淫らに動く偽りのモノが二本も生えており、それぞれに違う動きと音をたてゆみを驚かせる。

「まさか…」ゆみは眼をみはる。

「その、まさかさ」ゆみの驚きを笑い飛ばすように男が答えた。

「ゆみ、おめえの締りのねえ此処に蓋をしねえとな」男の指がゆみの熱く潤いきった襞を弄り、更に後ろの孔にとこじ入れられる。

「ああっ、いやっ…そ、そんな…うっ、後ろまで…だっ、だめっ」

容赦ない指は、間をつまむように二つの孔を出入りし甚振り続ける。

「だめなわりにはよう、また垂れ始めてるのはどうゆうことだ?」

「そっ、それは…はあああっ」

逃れようとしたいのか受け入れたいのか、わからないままで腰だけが淫らに動きだす。

「あんまり弄るとまたもれちまうかもな」

男の言葉に羞恥がたかまり、どっと熱い物が滲むのを感じた。

「洩らしついでに出ちまうのは、さすがのオレでもヤダからな。とり合えず履き替えてみろよ」

泣きそうな顔でゆみはかぶりをふるばかりだった。


ふいに、指が離れた。

「わかったよ…お仕置きも受けれないんじゃオレはもう帰るぜ…他にもオレを待ってる奴はいるしよ、ゆみ、これでさよならだな」

冷たく言い放ち男は部屋を出てゆこうとした。


泣きそうな顔は泣き顔に変わった。



にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment