羞恥行為


「どうだった?少しは楽しめたかよお」

覗き込む顔にゆみは恥ずかしげに顔を背けてしまう。


「なんてことは、関係ないな」

「えっ!」

続く言葉に思わず男を、ゆみはみてしまった。

「ゆみ、おまえを楽しませるためにオレは呼びつけたんじゃねえぜ」男はにやりと笑い、ゆみの手を荒々しく掴み引き寄せる。

がしっと掴まれた顔に口を近づけられ耳元に吐息を吐かれる。

「もっと苛めて欲しいんだろ?そのほうがアソコがびくびくと感じるんだろ?」麻薬のような言葉が耳から入り、ゆみは何度も頷く。


「まあ、一息ついてからだ。ゆみ、ビールでも飲むか?」男は急に平静な声で問いかけた。

首を横に振るゆみに、男は頼むような口調で続ける。

「まあ、そんなつれないこと言うなって。ひとりで飲むのは嫌いなんだよ。あとでたっぷりと望みどおりのことやおもいもつかないことしてやからよ」男の顔には微笑みさえ浮かんでいた。

軽い足取りで冷蔵庫に向かう男。

「しょうがねえな、最初の乾杯だけでいいや」

缶ビールを分けたものであろうか、コップに半分ほど入ったビールを渡された。

「じゃあ、乾杯だ。オレと新しいお前に乾杯」意味不明な言葉に首をかしげながらも二人でコップのビールを飲み干す。

男の誘われるままに膝に座り、男の他愛のない話に耳を傾ける。

「ゆみ、どこが一番感じるんだ?ここか?それともここか?」

「あっ、はい…おっぱいがいいです…うっ、そこが、っちばん気持ちいいでっつ」

その間にも後ろから回された男の腕がゆみの感じる部分を弄り続けてうまく返事ができない。

二三十分そんな時間が続いたのだろうか、びくっびくっと反応していたゆみの様子が急に変わる。

腰を小刻みにゆらしもじもじとし始めたのだ。

「あの…お願いが…」ゆみの言葉が終わらないうちに男がゆみを羽交い絞めにした。

「ようやく薬が効いてきたようだな、これから新しいおまえの恥ずかしい姿をたっぷりと楽しんでやるぜ」


ゆみはこれからしてしまう行為を思い、顔を真っ赤にして身を捩り始めた。



にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment