真夏の幻影 4 (小説 天翔ける黒龍 ダークドラゴン 番外編)

author photo

Byフラメント

絶妙のタイミングで滑り込んだボートに、ネアが驚く様子もなく乗り込んでゆく。

隣に座った俺に、すぐさま休暇の長さを聞いてプランをあげてゆく彼女。

ふたりが乗り込んだボートは、すぐさま動き出し行き先が決まるまでのドライブとなった。


「残りのお休みはどのくらいなのファング?」

「あと、移動も含めて三日かな?」

乗り込んでからはこの調子で、こちらを向いては話しかけるばかりで、不思議にボートに何か指示を出す素振りさえなかった。

運転手などの野暮なものがいない最新のボートは、俺の記憶ではブレスやリングなど身につけた端末をかざす事で、行き先などを入力するものなのだが、彼女にはそれがない。

もちろんお飾りの手動入力のコンソールパネルにその綺麗な指が触れることもなく、考えられるとすれば外部の者が通信により支持された目的をそれぞれのボートに入れ込むことなのだが、普通のシチズンにしか見えない彼女が、そんな軍部ばりのバックアップを受けれるとも思えず、そんな推察など柄ではない俺は聞くこともしなかった。

そして彼女が提案し俺が肩をすくめるたびに、行き先を変え続けるボートは、二人の意見が重なるまで意志でもあるかのように何度も外の景色を移し替えることとなる。

もっとも自意識があるのなら、とっくに呆れ果て二人とも歩道に投げ出されそうではあったのだが。


「じゃあやっぱり、リングから出て遊ぶのは無理そうね、ファン」

「そうみたいだな」

ステラやガーディのようにお気楽に呼ばれるまでに至った俺は、本気で休暇を諦めようと考え始めていた。


「ちょっと待ってねファン、何かボートのサーバーから探してみるから」

そう言ながらも彼女は、自分の休暇での今日までの話を途切らすことなく俺に話しはじめる。


「私の職場ってね、すっごく肩凝るの。だからいつもより多めに届けを出して今回は遠くまで出かけて来たんだ」

屈託なく笑いながら続けるネア。

彼女の話すリゾートでの出来事は、今ではしがない民間勤めの俺にとって真似のしようがないほど、クレジットを使いそうなものだった。

もっとも昔のコネと数えたこともない蓄えを使えばできそうではあったが。

それも管理を丸投げした相棒であるガーディの奴の許しが欲しいのだけど。

そんな時間が取れるわけでもなく、彼女の休暇先でのエピソードがある程度収まったところで、間をつなげるためにも湧き上っていた疑問を何気なしぶつけてみることにした。

「ところでネア、さっきからボートを何もいじってないみたいだけど、キミは魔法の手でも持ってるのか?」

陳腐な笑いを求めるかのような言葉ではあったが。

ほんの一瞬だけ顔つきを僅かに変えただけで、声の調子を変えることなく返事が帰る。

「ファン、…それは口外できない決まりなの、お仕事の関係で…」

「じゃあ、お堅い勤めなんだねネアは。それにしても太っ腹なんだなキミのボスは、俺には叶いそうもない休暇だよ話をきいてると」

その時の俺は確信も証拠もなくドラゴンの気まぐれで、当てずっぽうに返したのだけだが。

珍しく沈黙をボート内に漂わせたあと

「………さっきも言ったように肩の凝るヘビーなものだから高くふんだくることにしたの、今の仕事は」

との応えを彼女はゆっくりと返してきた。

「ああ、その方がましだな。最初がつまづいちまうと俺みたいに苦労しちまうからな」

苦々しく色んなことを思い出しながら俺は吐き出す。

「ファン、貴方って苦労続きなの?」

「ああ、そうさ毎日苦労が絶えないぜ、おかげで短い休暇も更にこんなありさまで」

彼女の沈黙の意味など考えもせずに、俺は思いついたままに会話を交わす。


「サーバーにも面白そうなのはみつからなかったし………ファン、貴方ギャンブルは?」

唐突な申し出に驚きもしたが興味も沸いた。

「今までやったこともねえけど、退屈しのぎにはなるな」

とすぐさまOKをだしてみた。

「これは秘守義務でホントはまずいけど、この先にちょうど仕事の関係で行ったことのあるカジノがあるの、プライベートで遊んだこともあるから其処に行ってみようか?でもまずいから休暇のあとは忘れてね」

ようやく先の決まった俺は、ドラゴンが忘れることなんてできないのにも関わらず、無責任にうなづいてこの謎の女神の導きに従うことにした。

それが、休暇を大騒ぎにする厄災の女神とも知らずに。

関連記事
スポンサーサイト
Share

Comments 0

Leave a reply

小説  鬼畜   (6)
世界 改訂版 (ファンタジー小説) (1)
小説  サンドラ (1)
恋愛小説 (16)
乾き 改訂版 (8)
蒼き日々の情景(私小説) (5)
ベイサイドペイン (3)
気まぐれ短編集 ブラックブック (8)
改訂版  娼婦はなんでも知っている (1)
娼婦は何でも知っている(Rファンタジー) (51)
援交記 (4)
小説 メロンパン(悲しき現実) (3)
戯言 (暗い詩) (1078)
詩・散文 (949)
嘆き (131)
君に(大好きな君に捧ぐ言葉) (90)
詩 (639)
七分 (56)
つれづれなる散文 (19)
ファンタジー 魔導人形シリーズ (38)
冥府の守護者 (2)
荒ぶる人形 (4)
凍てつく人形 (6)
人形使い ~グレムと楽しい仲間たち~ (18)
オールドファイター(ファンタジー) (7)
人魔再戦 (1)
ベアルドナルドラ物語(ファンタジー) (31)
全知全能の使役師 バンズ(ファンタジー) (20)
旅の少女(ファンタジー) (1)
ファンタジー 輝石シリーズ (17)
泣き虫王子と三つの輝石(改訂版) (2)
輝石物語 (10)
Legendary Mage & Almighty pyroxene (5)
遷都物語 (10)
ジェノサイダー (4)
ミンストレル (1)
雑記 (345)
官能小説 (72)
虚構の夢(官能小説) (22)
被虐のうた(官能小説) (23)
荒廃(官能小説) (10)
被虐の夢路(官能小説) (2)
爛れた日々(官能小説) (0)
ラバーズ (官能小説) (5)
改訂版  下衆 (官能陵辱小説) (7)
官能小説 エイリアン (3)
砂(小説) (0)
小説 水ケ谷探偵社事件帳 (0)
小説 終春 (0)
カウンセラー (0)
挨拶 (2)
SF小説 さよなら人類 (1)
真夏の幻影 (6)
故郷 (0)
陽炎のように (1)
よろず何でも相談社 (6)
サッキュバスの惑星 (5)
魚人の街 (3)
S級エージェント ファルコンズアイ (2)
プチーツァ (4)
浅ましき夢をみし (1)
ノイズ (SF小説) (5)
戦乱の時代 (1)
堕ちゆく世界と慈悲の女王 (3)
メトロの住人達 (スパイラル銀河 アルタイル) (10)
異界転生 (ファンタジー小説) (2)
シーフ 賊と呼ばれた男 (20)
真昼の月と夜の海 (3)
小説 バイオール (2)
何か (擬似恋愛小説) (4)
ユニーカーズ 苦労人な私 (ファンタジー小説) (2)
世界 (20)
ギミック 最悪なパーティーがゆく (ファンタジー小説 (1)
イケメン彼女 (3)
原罪 (2)
漆黒の邪龍 DirtyDrgon (8)
気が付けば大魔王 (5)
ファンタジー小説 パールパピヨン (2)
転生 (2)
記憶 (3)
SF小説 バッドエンド (2)
小説  GENZI (1)
ジゴロ (3)
プロジェクト AF (1)
小説 エセエス (1)
詩ですらない何か&自己満足 (1)
小説 思い出 (3)
詩人の愛 (1)
小説 ブロガー (1)
好きなもの (1)
トレデキム   漆黒の邪龍 ダーティードラゴン (11)
埋没   ~ セフレ以上恋人未満 ~  (恋愛小説) (1)
迷子  官能小説 (7)
ブラックブック 短編集 (1)