西の国の皇子 8 終章 (小説 娼婦は何でも知っている)

author photo

Byフラメント

「脱げ」

部屋に私を連れ込むと男はそれだけ言い放つ。

ハーフエルフである私の均衡のとれた白い裸身を眺めることもなく、男は近づいて機械的に私を調べ始める。

充血の具合でも見るのだろうか?指で瞼を押し開き覗き込む男。

身体の調べものは上から順に隅々まで続き、気だるさがもたらす無関心さで私も声もなく受け入れていた。

特異な耳を形の良い鼻を、口に至っては此処での用途のこともあるのだろうか指を差し入れ傷やできものなどがないかと調べているようだ。

もとより人よりは見た目以上に強靭な肉体を持つエルフの血を受け継いでいるのだから、並みの人ごときの些細なアレの営みで傷むこともないのだが、咎めることもなく男のなすがままにされる私。

ほっそりとした身体にお似合いの低めの双丘は、それぞれを何度も掴まれ頂きをつままれ感触に違和感がないかと確かめられる。

むろん華として一番重要なアノ部分は、昨日の朝と同じく綺麗に整えられた床にと寝かされ、自らの両足を抱え込み広げている間に詳しく調べられることとなる。

色合いも薄い茂みの手入れを確かめ襞を押し広げ奥を覗く男。

男の異様とも見て取れる節だった細長い指は、他では有り得ないだろう私の牝の下口の中を丹念に弄り続ける。

ハーフエルフである私の身体は、そんな作業とも思える所作にさえ変わりなく熱いぬめりを垂らし始めていた。

牝のもっとも敏感な頂きをつままれ溢れ出るほどまで滲みだした恥物の出具合と匂いと味を確かめられたところで、それは終わったようだ。


「再現しろ」

男のそっけない二つ目の言葉に私は頷き、昨夜の男の熱い荒々しい牡の感触を思い出すかのように男の仕草と一語一句を繰り返す。

私が記憶通りに、座らせた男の半身をはだけ舐めまわすと、あくまでも無表情な男は聞かされた通りに尻の方から手を回す。

後ろの蕾を擦られる感触からか昨日の男の名残りなのかはわからないが、あの時よりも潤いの増してる気がする私の牝はせがむように男の指を受け入れ離そうとはしないようだった。

双丘を強く掴まれ気が行きそうな私は、欲しくてたまらず懇願の眼差しで昨日とは違う男を見つめる。

しかし今回もそんな望みは叶えられることもなく、冷徹な男の指示で芝居のごとく昨日を続けてゆく私。

流石に昼夜を行う時間もないのだろうか、昨日の男の言動や一語一句を確かめ、一通りの陵辱と幾度かの目の前の男自身の排泄を説明通りの全ての牝孔に受けたあと、男のそれは唐突に終わった。


男が無言で立ち去ったあと中途半端にひとり取り残された私は、仕方なく火照てやまないこの淫らな身体をいつものように自らの指で慰める。

ヤンズの華宿で始めて男に此処での仕事を誘われた時から、ここまでがこの哀れなるドゥースの役目なのだと。

最初に抱かれたときのようにこの男は、道具の一つとしか私をみていないのだとわかっていながら。


此処での仕事は、豊かでゆとりある生活を恒久的にもたらすものではあったのだが。


何時かこの場所から解き放たれたとき、利用できる道具ではなく男自身の慰みものとして使われる日もくるのだろうか?。

そんな儚くなげで甘いありえない夢を見ながら私は、狂ったように女神の慰めが訪れるまで指を動かし続けることしかできないでいた。





にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村


カメリア(名前を付けるのを忘れてましたw)のお話の一つは ここまでで終わりです

多分 次からは 違う展開の予定になりそうです

未定の予定では ありますがww

謎の男の目的は?

この館の真の目的は?

考えてもないので ボクにもさっぱり ← 殴


作者も考えつかない今後の展開を 楽しみにお待ちください



仕事が始まれば 更新が滞ってしまう  いちごはニガテ

関連記事
スポンサーサイト
Share

Comments 2

椿  

NoTitle

カメリア、何のために使われてるのでしょうね。

何かの情報集めなのでしょうが……「再現」にはどんな意味が??

続きを楽しみにしております。

2014/08/17 (Sun) 16:58 | EDIT | REPLY |   

フラメント  

椿さま こんばんわですう

今回答えの一部を書いてみました^^

2014/08/18 (Mon) 21:54 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

小説  鬼畜   (6)
世界 改訂版 (ファンタジー小説) (1)
小説  サンドラ (1)
恋愛小説 (16)
乾き 改訂版 (8)
蒼き日々の情景(私小説) (5)
ベイサイドペイン (3)
気まぐれ短編集 ブラックブック (8)
改訂版  娼婦はなんでも知っている (1)
娼婦は何でも知っている(Rファンタジー) (51)
援交記 (4)
小説 メロンパン(悲しき現実) (3)
戯言 (暗い詩) (1078)
詩・散文 (949)
嘆き (131)
君に(大好きな君に捧ぐ言葉) (90)
詩 (639)
七分 (56)
つれづれなる散文 (19)
ファンタジー 魔導人形シリーズ (38)
冥府の守護者 (2)
荒ぶる人形 (4)
凍てつく人形 (6)
人形使い ~グレムと楽しい仲間たち~ (18)
オールドファイター(ファンタジー) (7)
人魔再戦 (1)
ベアルドナルドラ物語(ファンタジー) (31)
全知全能の使役師 バンズ(ファンタジー) (20)
旅の少女(ファンタジー) (1)
ファンタジー 輝石シリーズ (17)
泣き虫王子と三つの輝石(改訂版) (2)
輝石物語 (10)
Legendary Mage & Almighty pyroxene (5)
遷都物語 (10)
ジェノサイダー (4)
ミンストレル (1)
雑記 (345)
官能小説 (72)
虚構の夢(官能小説) (22)
被虐のうた(官能小説) (23)
荒廃(官能小説) (10)
被虐の夢路(官能小説) (2)
爛れた日々(官能小説) (0)
ラバーズ (官能小説) (5)
改訂版  下衆 (官能陵辱小説) (7)
官能小説 エイリアン (3)
砂(小説) (0)
小説 水ケ谷探偵社事件帳 (0)
小説 終春 (0)
カウンセラー (0)
挨拶 (2)
SF小説 さよなら人類 (1)
真夏の幻影 (6)
故郷 (0)
陽炎のように (1)
よろず何でも相談社 (6)
サッキュバスの惑星 (5)
魚人の街 (3)
S級エージェント ファルコンズアイ (2)
プチーツァ (4)
浅ましき夢をみし (1)
ノイズ (SF小説) (5)
戦乱の時代 (1)
堕ちゆく世界と慈悲の女王 (3)
メトロの住人達 (スパイラル銀河 アルタイル) (10)
異界転生 (ファンタジー小説) (2)
シーフ 賊と呼ばれた男 (20)
真昼の月と夜の海 (3)
小説 バイオール (2)
何か (擬似恋愛小説) (4)
ユニーカーズ 苦労人な私 (ファンタジー小説) (2)
世界 (20)
ギミック 最悪なパーティーがゆく (ファンタジー小説 (1)
イケメン彼女 (3)
原罪 (2)
漆黒の邪龍 DirtyDrgon (8)
気が付けば大魔王 (5)
ファンタジー小説 パールパピヨン (2)
転生 (2)
記憶 (3)
SF小説 バッドエンド (2)
小説  GENZI (1)
ジゴロ (3)
プロジェクト AF (1)
小説 エセエス (1)
詩ですらない何か&自己満足 (1)
小説 思い出 (3)
詩人の愛 (1)
小説 ブロガー (1)
好きなもの (1)
トレデキム   漆黒の邪龍 ダーティードラゴン (11)
埋没   ~ セフレ以上恋人未満 ~  (恋愛小説) (1)
迷子  官能小説 (7)
ブラックブック 短編集 (1)