真夏の幻影

真夏の幻影 3 (小説 天翔ける黒龍 ダークドラゴン 番外編)

 ←真夏の幻影 2 (小説 天翔ける黒龍 ダークドラゴン 番外編) →落夜(らくや)  戯言詩
途方もなく幅広の幹線道路を斜めに横切る。

ボートやカーゴ専用の浮遊システムが埋め込まれているとは言え、表面上は平に整備され歩くことには別に支障はない。

もっともムーブセンサやLリアクションを搭載してるはずもないただの民間のロードやカーゴに跳ね飛ばされるのは確定のそんな場所を、普通歩こうとする者などいないのかもしれないが。

とにかくそんなハイウエイを跳ねられることもなく俺は渡っていった。

気になった場所は、いや気になったものはどうやら救いの女神らしい。

先ほどとは向かいにあたる今度は歩行用のこれまた広い道で無関心を装って佇んでいたその黒い女神に、俺はいきなり声をかけてみた。

「残りの休暇の暇つぶしになる場所に、案内してくれないか?」と。

「えっ?」驚いたふりで声を上げる黒い女神。


「俺はファング、こんな場所で仕事がおしちまってホームに飛ぶにも半端すぎるんだ、見ず知らずのこの輪っかの中、彷徨える羊のような俺をさっきから熱心に観察していたあんたなら救ってくれると思った訳だけど」

白々しい反応など気にもしないで俺は言葉を続ける。

「あんなに離れていて、そんな素振りさえ見せなかったのに、ファング、あなた気がついていたの?」

「その台詞はそっくりあんた…」

「アラネアよ、ネアでいいわ」

「そっくり台詞を、ネア、君に返すことにするぜ、熱心に見つめる眼差しは昔の仕事の最中に感じたものと何故か同じだった気が…、もっとも眼差しだけ記憶して本人とは顔を合わせたこともなかったはずだがね」

「あら、残念だったわね。その眼差しも私と同じくらいの美貌を備えてたかもしれないのに」

女はさらっと言いのける。

確かに言うだけのことはあるいい女だと俺は感じていた。

ノーマルよりは首一つ秀でた俺と同じくらいの身長、ほっそりとしていてそれでいてさり気なく主張する部分は、身に纏った黒のスーツの中でさえ俺の気をひく。

「立ち話もなんだから、思い当たる節があるんだったら導いてくれないか?」

そう言った俺に「ボートを頼んだからその中で考えてみるわ、バカンスもやりつくして退屈してたところなの」と女は応えをかえしてきた。

いつ頼んだのだろうかと訝しく思う暇もなく、パーキングスペースにと向かう女の尻の後についてゆくだけの俺が其処にいた。

ドラゴンにあるまじき遅れをとったあやふやなそれは、夢の中を彷徨うばかりの感じだったのかもしれない。
関連記事
スポンサーサイト


総もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛小説
もくじ  3kaku_s_L.png 援交記
総もくじ  3kaku_s_L.png 詩・散文
総もくじ  3kaku_s_L.png ファンタジー 魔導人形シリーズ
総もくじ  3kaku_s_L.png ファンタジー 輝石シリーズ
もくじ  3kaku_s_L.png 遷都物語
もくじ  3kaku_s_L.png ジェノサイダー
もくじ  3kaku_s_L.png ミンストレル
もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
もくじ  3kaku_s_L.png 砂(小説)
もくじ  3kaku_s_L.png 小説 終春
もくじ  3kaku_s_L.png カウンセラー
もくじ  3kaku_s_L.png 挨拶
もくじ  3kaku_s_L.png 真夏の幻影
もくじ  3kaku_s_L.png 故郷
もくじ  3kaku_s_L.png 陽炎のように
もくじ  3kaku_s_L.png 魚人の街
もくじ  3kaku_s_L.png プチーツァ
もくじ  3kaku_s_L.png 戦乱の時代
もくじ  3kaku_s_L.png 世界
もくじ  3kaku_s_L.png イケメン彼女
もくじ  3kaku_s_L.png 原罪
もくじ  3kaku_s_L.png 転生
もくじ  3kaku_s_L.png 記憶
もくじ  3kaku_s_L.png 小説  GENZI
もくじ  3kaku_s_L.png ジゴロ
もくじ  3kaku_s_L.png 小説 エセエス
もくじ  3kaku_s_L.png 小説 思い出
もくじ  3kaku_s_L.png 詩人の愛
もくじ  3kaku_s_L.png 小説 ブロガー
もくじ  3kaku_s_L.png 好きなもの
もくじ  3kaku_s_L.png アバーブ
もくじ  3kaku_s_L.png 地上にて
もくじ  3kaku_s_L.png Dragon's woes
  • 【真夏の幻影 2 (小説 天翔ける黒龍 ダークドラゴン 番外編)】へ
  • 【落夜(らくや)  戯言詩】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【真夏の幻影 2 (小説 天翔ける黒龍 ダークドラゴン 番外編)】へ
  • 【落夜(らくや)  戯言詩】へ