王都会議  6  (小説 ベアルドナルドラ物語)

author photo

Byフラメント

皆が広間の中央に置かれた円形の卓の各々の席に落ち着くのを待ち、ベアードは高らかに宣言した。

「これより今季初めの王都会議を此処に開くことに宣言する。我が国の故事に従ってこの序列のない丸い卓に等しく座することによって、応答形式討論形式のざっくばらんなものとして会議を進めたい。そこで俺よりひとつ提案がある、異議申し立てなければ挙手による発言、敬称抜きの早い廻しのものとしたい」

これまでと違って立ち上がることもなく座ったままそう言い放ったベアードは、そこまで一気に申し立て面々を見渡した。

国王を挟んで左隣の席であったゲルシュタインが静かに手を挙げた。

「ゲルどの、どうぞ」

「このような形式はこの先も続けるつもりかね?それと将軍、キミを再び議長として認識すればいいのかな?」

その言葉に挙手を持って応えるベアード。

「議長と云う訳でもないが、発言の順番を示唆する者として今回は俺が引き受けようと思う。会議の形式はこれに代わるものがあれば、おいおい意見を述べてもらいたい」

国王を除く全員が賛同を示す挙手をした。


そのあとで間を置いて国王がゆっくりと手を挙げる。

「陛下、お願い致す」

ベアードがコウベをたれ陛下に向かう。

「少しばかり俺に対しては違うようだが…まあいい。今回は思ったことを自由に言ってもいいんだな?進行役どの」

ゲットランド国王が、いつもどおりの砕けた口調で問いただした。

「陛下におかれましてもこの場だけは、皆とひとしく発言や意見を望み申す。できればお手をあげてのことなのだが」

ちゃんと上げたではないかと不満そうな顔をしながらも納得の頷きをする国王。


改めて手をあげ、皆を見回しベアードは口を開いた。

「話は遡り長くはなるが一先ず聞いて欲しい」

そこで言葉を一旦切って再び皆を見渡す。

賛同の意味であろうか今回は国王だけが手を軽く挙げていた。

「このような会議をこの国で行わなければならないと思ったのは実に古い話だ。そう、それは俺がこの国に始めて訪れ偶然にも陛下にお会いし、その御身のもとでこの国のために微力を尽くそうと誓った日からのことだ」

ここまで一気に話したところで挙がる手はなかった。

ただ少なからずも、各々の思いを告げるかのようなざわめきがあちこちであがっていた。

「改めて申すが、多少の雑談相談などは構わん事とする、たた発言だけは挙手をお願いしたい」

「…会議を開かねばと思った一番の訳は、この国を訪れる前に立ち寄った隣国でもあるイースタンエンパイアの旧知の人物…デュアル王とのちょっとばかりのやりとりからであった…」


そこまで述べたベアードの前に、一斉に幾つもの手が挙がった。

関連記事
スポンサーサイト
Share

Comments 0

Leave a reply

小説  鬼畜   (6)
世界 改訂版 (ファンタジー小説) (1)
小説  サンドラ (1)
恋愛小説 (16)
乾き 改訂版 (8)
蒼き日々の情景(私小説) (5)
ベイサイドペイン (3)
気まぐれ短編集 ブラックブック (8)
改訂版  娼婦はなんでも知っている (1)
娼婦は何でも知っている(Rファンタジー) (51)
援交記 (4)
小説 メロンパン(悲しき現実) (3)
戯言 (暗い詩) (1079)
詩・散文 (952)
嘆き (131)
君に(大好きな君に捧ぐ言葉) (90)
詩 (641)
七分 (56)
つれづれなる散文 (19)
ファンタジー 魔導人形シリーズ (38)
冥府の守護者 (2)
荒ぶる人形 (4)
凍てつく人形 (6)
人形使い ~グレムと楽しい仲間たち~ (18)
オールドファイター(ファンタジー) (7)
人魔再戦 (1)
ベアルドナルドラ物語(ファンタジー) (31)
全知全能の使役師 バンズ(ファンタジー) (20)
旅の少女(ファンタジー) (1)
ファンタジー 輝石シリーズ (17)
泣き虫王子と三つの輝石(改訂版) (2)
輝石物語 (10)
Legendary Mage & Almighty pyroxene (5)
遷都物語 (10)
ジェノサイダー (4)
ミンストレル (1)
雑記 (349)
官能小説 (72)
虚構の夢(官能小説) (22)
被虐のうた(官能小説) (23)
荒廃(官能小説) (10)
被虐の夢路(官能小説) (2)
爛れた日々(官能小説) (0)
ラバーズ (官能小説) (5)
改訂版  下衆 (官能陵辱小説) (7)
官能小説 エイリアン (3)
砂(小説) (0)
小説 水ケ谷探偵社事件帳 (0)
小説 終春 (0)
カウンセラー (0)
挨拶 (2)
SF小説 さよなら人類 (1)
真夏の幻影 (6)
故郷 (0)
陽炎のように (1)
よろず何でも相談社 (6)
サッキュバスの惑星 (5)
魚人の街 (3)
S級エージェント ファルコンズアイ (2)
プチーツァ (4)
浅ましき夢をみし (1)
ノイズ (SF小説) (5)
戦乱の時代 (1)
堕ちゆく世界と慈悲の女王 (3)
メトロの住人達 (スパイラル銀河 アルタイル) (10)
異界転生 (ファンタジー小説) (2)
シーフ 賊と呼ばれた男 (20)
真昼の月と夜の海 (3)
小説 バイオール (2)
何か (擬似恋愛小説) (4)
ユニーカーズ 苦労人な私 (ファンタジー小説) (2)
世界 (20)
ギミック 最悪なパーティーがゆく (ファンタジー小説 (1)
イケメン彼女 (3)
原罪 (2)
漆黒の邪龍 DirtyDrgon (8)
気が付けば大魔王 (5)
ファンタジー小説 パールパピヨン (2)
転生 (2)
記憶 (3)
SF小説 バッドエンド (2)
小説  GENZI (1)
ジゴロ (3)
プロジェクト AF (1)
小説 エセエス (1)
詩ですらない何か&自己満足 (1)
小説 思い出 (3)
詩人の愛 (1)
小説 ブロガー (1)
好きなもの (1)
トレデキム   漆黒の邪龍 ダーティードラゴン (11)
埋没   ~ セフレ以上恋人未満 ~  (恋愛小説) (1)
迷子  官能小説 (7)
ブラックブック 短編集 (1)