放浪の戦士  再会 8

author photo

Byフラメント

城門の中は広い庭への入口だった。

奥まった先に幾つかの建物が垣間見えるその庭を一行は歩いてゆく。

中央のひときわ威圧的な建物の前で先頭の兵が立ち止まった。

「ここが王宮か?」ベアードが尋ねる。

「そうだ、この中で王が待たれている筈だ」

先頭の兵が心なしかそわそわと答えた。


「護衛は良いのか?この俺は、王に危害を加えたり逃げ出すかも知れないぞ?」

「我らが王に会えばわかる。王の恐ろしい力でそんなことなどできぬことをな」

それだけ言い残し衛兵たちは足早に城門へと向かいだした。

兵たちの足音が消え去ると静寂だけが澱んでゆく。


「大丈夫だ!案ずるな」

人気もなく精霊の気配すらない城内の異様な気配にざわつく足元に、ベアードはそう言い放つ。

入口らしき扉の前まで進んでみると、思った通りに勝手に扉が開いた。

王宮内はやけに薄暗く、多くの部屋が並ぶ廊下が伸びているようだった。

多分他の者などいないのだろうと思われるほど静まり返った廊下は、埃ひとつ落ちておらずそのことが余計に違和感を覚える。

普段は誰も呼ばず、必要な時だけ召喚霊でも使い掃除させてるのだろうと自分勝手に思いながら、招くように灯ったうす暗い明かりの方へとベアードは歩を進めた。


関連記事
スポンサーサイト
Share

Comments 0

Leave a reply

小説  鬼畜   (6)
世界 改訂版 (ファンタジー小説) (1)
小説  サンドラ (1)
恋愛小説 (16)
乾き 改訂版 (8)
蒼き日々の情景(私小説) (5)
ベイサイドペイン (3)
気まぐれ短編集 ブラックブック (8)
改訂版  娼婦はなんでも知っている (1)
娼婦は何でも知っている(Rファンタジー) (51)
援交記 (4)
小説 メロンパン(悲しき現実) (3)
戯言 (暗い詩) (1079)
詩・散文 (952)
嘆き (131)
君に(大好きな君に捧ぐ言葉) (90)
詩 (641)
七分 (56)
つれづれなる散文 (19)
ファンタジー 魔導人形シリーズ (38)
冥府の守護者 (2)
荒ぶる人形 (4)
凍てつく人形 (6)
人形使い ~グレムと楽しい仲間たち~ (18)
オールドファイター(ファンタジー) (7)
人魔再戦 (1)
ベアルドナルドラ物語(ファンタジー) (31)
全知全能の使役師 バンズ(ファンタジー) (20)
旅の少女(ファンタジー) (1)
ファンタジー 輝石シリーズ (17)
泣き虫王子と三つの輝石(改訂版) (2)
輝石物語 (10)
Legendary Mage & Almighty pyroxene (5)
遷都物語 (10)
ジェノサイダー (4)
ミンストレル (1)
雑記 (349)
官能小説 (72)
虚構の夢(官能小説) (22)
被虐のうた(官能小説) (23)
荒廃(官能小説) (10)
被虐の夢路(官能小説) (2)
爛れた日々(官能小説) (0)
ラバーズ (官能小説) (5)
改訂版  下衆 (官能陵辱小説) (7)
官能小説 エイリアン (3)
砂(小説) (0)
小説 水ケ谷探偵社事件帳 (0)
小説 終春 (0)
カウンセラー (0)
挨拶 (2)
SF小説 さよなら人類 (1)
真夏の幻影 (6)
故郷 (0)
陽炎のように (1)
よろず何でも相談社 (6)
サッキュバスの惑星 (5)
魚人の街 (3)
S級エージェント ファルコンズアイ (2)
プチーツァ (4)
浅ましき夢をみし (1)
ノイズ (SF小説) (5)
戦乱の時代 (1)
堕ちゆく世界と慈悲の女王 (3)
メトロの住人達 (スパイラル銀河 アルタイル) (10)
異界転生 (ファンタジー小説) (2)
シーフ 賊と呼ばれた男 (20)
真昼の月と夜の海 (3)
小説 バイオール (2)
何か (擬似恋愛小説) (4)
ユニーカーズ 苦労人な私 (ファンタジー小説) (2)
世界 (20)
ギミック 最悪なパーティーがゆく (ファンタジー小説 (1)
イケメン彼女 (3)
原罪 (2)
漆黒の邪龍 DirtyDrgon (8)
気が付けば大魔王 (5)
ファンタジー小説 パールパピヨン (2)
転生 (2)
記憶 (3)
SF小説 バッドエンド (2)
小説  GENZI (1)
ジゴロ (3)
プロジェクト AF (1)
小説 エセエス (1)
詩ですらない何か&自己満足 (1)
小説 思い出 (3)
詩人の愛 (1)
小説 ブロガー (1)
好きなもの (1)
トレデキム   漆黒の邪龍 ダーティードラゴン (11)
埋没   ~ セフレ以上恋人未満 ~  (恋愛小説) (1)
迷子  官能小説 (7)
ブラックブック 短編集 (1)