電柱


少しだけ曲がった電柱が

幾重にも立ち並ぶ


逸ることもなく

臆する事もなく

ただ 幾筋もの黒い手を伸ばして


無表情に

無感動に

ただ さり気なく手を取り合って


雨風にさらされて

寒暖に揺さぶられ

何想い 何を見つめているのだろう


暮れ逝く細い路地の傍らに

黙り込み

俯いたままの電柱が

寂しげな横顔でならんでいる





にほんブログ村 ポエムブログ 暗い詩へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment