気まぐれ短編集 ブラックブック

つかれ

 ←サカナとトリ →生まれ生きること

「かちょう、つかれてますね」

その声にますます俺の苛立ちがました。

「大木君そんなことよりラインの管理を徹底したまえ」

二ヶ月ほど前、異例の抜擢で課長に就任した俺は、相変わらずの生産性の低さに苦労していた。

特に先ほど間延びした声で話しかけたラインの長(この男は俺より随分先輩なのだが)の、そのマイペースさと何を考えているかわからない顔つきに我慢できなくなっていた。


「部長、なんとかなりませんか?大木のやつ」

「何もラインばかりでなく、部下の管理統制も君の仕事だとわからないのかね…」

昨日の会話が思い出される。

この二ヶ月、課長に抜擢されたことに報いるために獅子奮闘の努力を続けてきたのだが、もとより社内での、いやこの古くからある本社工場での根付いてしまっている昔ながらの雰囲気がどうにも拭えないでいた。

つかれてる?当たり前だ。

お前のような頭の硬い職人気質の連中が、俺の邪魔をし疲れを貯めているんだ。

何か言いかけた大木をじろりと睨みつけ、俺はラインの向上のための施策にまた打ち込みはじめることにした。

適材適所のための配置替え、機械化の導入、頻繁に起こる受注ミス、これらのことが山のように積み重なり俺の肩にのしかかってくる。

つかれてる?その通りだ。

最近は夜も眠れない。

非道い凝りが寝ている間も俺を悩ませるのだ。

このままでは…


夜も更けやっと自宅に戻る気になった俺に、またあの男が声をかけてきた。

珍しく残業でもしていたのだろうか?普段なら、いの一番に帰社する問題児が。

「かちょう、やはりつかれてますよ。かちょうはにじゅうねんまえのせんせんだいのかちょうのことごぞんじですか?」

「ああ、聴いてるよ。大きなミスをして当時の大手受注先から仕事を切られた無能者のことだろ?たしか自殺したとか…でもそのあとの新しい受注先のおかげでこの会社が一回り大きくなったて話じゃないか」

「…にてるんですよ、そのときと…。つかれたようすが」

「何言ってるんだ君は、そんな無能者と俺は違う。必ずこの先成果を上げてみせる」


「…そうじゃないんです、…かた、おもくないですか」

「ん?、肩こりは酷いが…」

「いいですか?これ、みてください…」

そう言った大木の手には何処から持ってきたのか一枚の鏡が抱えられていた。

それには俺の肩にべったりと手をまわし取り憑いた見知らぬ男の姿があった。

首に巻かれた縄で苦痛に白目をむいた姿が。







関連記事
スポンサーサイト


総もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛小説
もくじ  3kaku_s_L.png 援交記
総もくじ  3kaku_s_L.png 詩・散文
総もくじ  3kaku_s_L.png ファンタジー 魔導人形シリーズ
総もくじ  3kaku_s_L.png ファンタジー 輝石シリーズ
もくじ  3kaku_s_L.png 遷都物語
もくじ  3kaku_s_L.png ジェノサイダー
もくじ  3kaku_s_L.png ミンストレル
もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
もくじ  3kaku_s_L.png 砂(小説)
もくじ  3kaku_s_L.png 小説 終春
もくじ  3kaku_s_L.png カウンセラー
もくじ  3kaku_s_L.png 挨拶
もくじ  3kaku_s_L.png 真夏の幻影
もくじ  3kaku_s_L.png 故郷
もくじ  3kaku_s_L.png 陽炎のように
もくじ  3kaku_s_L.png 魚人の街
もくじ  3kaku_s_L.png プチーツァ
もくじ  3kaku_s_L.png 戦乱の時代
もくじ  3kaku_s_L.png 世界
もくじ  3kaku_s_L.png イケメン彼女
もくじ  3kaku_s_L.png 原罪
もくじ  3kaku_s_L.png 転生
もくじ  3kaku_s_L.png 記憶
もくじ  3kaku_s_L.png 小説  GENZI
もくじ  3kaku_s_L.png ジゴロ
もくじ  3kaku_s_L.png 小説 エセエス
もくじ  3kaku_s_L.png 小説 思い出
もくじ  3kaku_s_L.png 詩人の愛
もくじ  3kaku_s_L.png 小説 ブロガー
もくじ  3kaku_s_L.png 好きなもの
もくじ  3kaku_s_L.png アバーブ
もくじ  3kaku_s_L.png 地上にて
もくじ  3kaku_s_L.png Dragon's woes
  • 【サカナとトリ】へ
  • 【生まれ生きること】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【サカナとトリ】へ
  • 【生まれ生きること】へ