背を向けて


覚めた夢が

傍らで横たわっている


目覚めたボクを

冷ます   それは


冷たく背を向けたまま

壁に語りかけているようだ


ボクの事など

もう

忘れたかのように



にほんブログ村 ポエムブログ 暗い詩へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment