視線 


吐瀉物のような ボクの言葉は

汚物のごとき ボクの想いは


ただ 

異臭を放ち

主張ばかりを続けながら


此処に

巻き散らかされている


嫌悪と好奇の眼差しに囲まれて




にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment