Category: 異界転生 (ファンタジー小説)  1/1

遊戯と現実 1 (ファンタジー)

そもそも転生なる言葉は、なんと読むのだろう。巷に溢れるイラスト主体の小説やネットで検索をかければずらりと並ぶものでは<てんせい>だろうか?。僕のような年配者からすれば、映画やアニメやコミックにもなった魔界転生<まかいてんしょう>つまり『てんしょう』と読みたくなってしまうのだが。まあ、そんなどうでもいいことを考えてしまうのは、どうやら呆れるほど溢れてる、そんなありふれたありえない転生なるものを体験し...

  •  0
  •  -

遊戯と現実 2 (ファンタジー)

No image

腹が満たされたせいか戸惑いも収まってきたようだ。もとよりの性格のせいか、郷に入りては郷に従えのスタンスで今の状況を僕は楽しむことにした。ほんとうなら現状の認識が優先だろうが、仮にこの状況が変わらなくても僕には憂いがほとんどない。リアルでの自分は、年齢的にも職場での重要性は薄く立場も半ば引退した身であれば問題も少ない。特に支障もないだろう。家族のことを思えば子供は手を離れ、ただ連れ添いだけは気がかり...

  •  0
  •  -