FC2ブログ

zuu…

 狂信的なベイグスたちが迫ってくる

zuu…
zuu…

「…のために俺は闘う…こんなところでは死ねない」

zuu…




「メンテナンスは完了だ、あとはボディ交換が最後となる」

「ああ、ありがとうドクター」


「最中に寝言みたいなものをつぶやいていたな…」

「ああそれなら、ただのノイズだろう」

「今なら、それも消せるがな」

「別に構わない、何も支障などないからな」

「その姿ならちゃんと喋れるわけだが、何も会話も不自由なフルコンバットタイプにこだわらなくてもいいだろ?」

「もう、なれちまったからなそのスタイルに。それに死んじまった野郎の顔は頂けない」

「まあ、確かにそうだ。それじゃあ始めるぞ」



サイバノイドましてやバイオロイドでもある俺が、夢などみるはずもない。

あれは、特殊バイオロイドである俺の、行動核である死んだ男の僅かな記憶にしか過ぎない。

つまりただのノイズにしか過ぎないわけだ。

男の断末魔の記憶、脳髄に焼きついてしまったノイズなのだ。



俺自身の記憶、最初の記憶は丁度このラボのような施設だった。


意識が芽生える。

辺りを確認しようとした俺は目を開けてみた。

「ぅおおおおお!」

目を開いた瞬間に、目の前の景色の何もない天井が映り、それと同時に俺自身のコンディションと俺を取り巻く環境、周りの機械音、周りすべてのビジョンとデータが頭の中に一度に押し寄せ激しい頭痛に見舞われた。

俺は痛み似た感覚とと混乱でパニックに陥った。

「どうやら目覚めたようだな、キミの脳髄とAIのシンクロがまだできていないようだ。取り敢えず目を閉じるがいい、それで苦しみは軽減されるはずだ。そのうちにデータの補正が行われ馴染むはずなのだが」

頭痛の中、更に頭に大きく響いたその声に、俺は従い目を閉じた。


「どうだ?調子は」

声の調子は抑えられ、頭の中が整理されてきたようだ。

目を閉じたままの俺に、感じられるのは普通に入る静かな機械音だけになっていた。


「ああ、楽になってきた」

俺は、頭の中の声に同じように考える事で応えてみた。

「なら、よかろう。これからはキミがそれを望むときだけ各種センサが働くはずだ。目を開けてももう大丈夫だろう」


俺は声に従い、目を開ける。先ほどと同じ何もない天井だ。

此処はどこだ?と疑問が沸く。

その瞬間にビジョンとデータが浮かび、何かの研究施設の部屋の中とゆうことが認識できた。


「起き上がってみたまえ」声は続いた。

言われたとおりにしようとしたあと、何かを探るような感覚が有り、俺はべっどから身体を起こすことができた。

「手足はどうだ?」

言われるたびに先程の感覚が起こり、そのあとに動き出す。

一度動いてしまえば、あとは普段通りに動けるようだった。


普段?

そう思った俺に、見知らぬ誰かの生活がいくつも映り出す。

どうやらその男の普段らしい。


「少々驚いたかもしれないが、起動に成功したらしいな。私はヴィヴァームス、キミを創った科学者だ」

そこでまた、あの声が俺の頭に語りかけてきたのだった。




スポンサーサイト




「さっきからの思考のようにワードに反応しないことが不思議だろ?」

俺の考えを読むように声が問いかける。


「キミのその思考パターンは、ある特殊で稀有な被検体の思考を模倣したものだ。キミの聞いた言葉が、キミのAIを通じて私のメインフレームのデータから検索をされそれを表示するのだ。実を言えばこの声もキミをモニターしているメインフレームが私の思考を模倣して喋っているにすぎないのだ」

今度は「ある特殊で稀有な被検体」の言葉に反応して断片的な少年の映像と無数の被験データであろうか多くのものが脳裏にと浮かぶ。

「つまり今喋っている私は単なるメインフレームの戯言にしかすぎず、よって私自身の個人情報は通常のように此処には入っていない。このあとの言葉は私自身が、記録したものだ」

俺自身の網膜?に投影されたものだろうか。

俺の他に誰もいないはずのラボの眼前の光景に一人の女性の姿が浮かび上がる。

「これが私だ。名はヴィバームス・マグナ・ルメン・ステラ、今はLXXの研究施設に従事している、専門は科学兵器の開発だ。キミの創造はあくまでも個人的なもので、バイオロイドを応用した兵器用サイバノイドの試験的実験だ。ただし現在のボディはキミの核を模倣した普通のノーマルヒューマン型のシチズンではあるが…都合によりキミのさらなる開発を断言せざる負えなくなった私は、お詫びにキミに選択権を与えることにした」

次々と示される聞いたこともない言葉に、それを説明するかのようにビジョンとデータがさらに示されてゆく。


「今の僅かな時間でおおよその言葉の意味がわかったはずだ。キミの核の死亡報告を私はまだその母星あてに出してはいない。中身は違うが外見はそのままのトロイと云う名のいちシチズンとして余生を暮らすか、まだ戦争や紛争のなくならないこの帝国で、特殊戦闘型サイバノイドとして私のために、有用なデータを提供し続けるかは、キミ自身が決めれば良いことだ。定期メンテナンスを私のもとで受け続ければ、終わることのない争いと同じく無限の活動を保証するがね」

私の核であると言われた見知らぬ男のデータが無限に続き認識される。

余生に関しては普通のノーマルヒューマンの1.5倍くらいの寿命のようだ。

むろん年を取ることもなく、ただメンテナンス切れで活動停止となるみたいなのだが。


「前者を取るなら私の言葉はキミから削除され、トロイと云う名の男の記憶だけを残されここから立ち去ることとなる。むろん今のようなメインフレームの思考補助は閉ざされる。後者を選べば、私と同じくこの地獄とも言える混乱した帝国の中、終わりそうもない争いに身を無限に投じることとなるが…ただし、争いの中で、その死んでしまった男のようには、私がさせない事を保証しよう。私の持てる限りの知識を使って」

それで、ヴィバームスを名乗る女性の言葉は途切れた。

このあとは、俺の返答により此処の施設のコンピュータが判断し実行をするのだろう。

俺は無限の命を無限の争いにかけてみることにした。

奇しくもノイズのような男の断末魔と同じ思いと重なったのだが。

トロイと云う名の男はもう死んでいるのだ。

俺は彼ではなくデス・トロイとして生き続けることをその時から望んだのだった。




「どうだね普段の顔は?」

換装が終わった俺にドクターが問いかける。

「zuu… やはり こちらが しっくりする」

ヘッド前面に埋め込まれた無機質なレンズの焦点を合わせ、俺は外部通話用音声回路で彼女の問いに答えていた。






結果的にあの時、俺たちは失った。

傭兵としての俺たちが出来すぎたからである。

こうしてその事について、流暢に分析を巡らしたりしてる事を思えば、むしろ拾ったと述べるべきか。

何れにしても俺たちは、あの地獄のような正規兵どもによる掃討劇から生き延びて帰る場所を失うことになった。

アイツ等は余計なことまで暴き出してしまった出来過ぎの俺たちが邪魔になっていたのである。


そもそもこんな時代であるからか、物騒な傭兵団などは用もなく、ましてや精悍な面立ちをしていたはずの俺も、こんな平凡なヒューマンの顔に成り下がり、襟を正して見る必要もないモニタなどとにらめっこをする羽目になってるからだ。


いや別にボスであるドクターに不満があるわけじゃない。

ボスは個人的に存在さえ再び抹消されたこの俺をまた救ってくれたのだ。


長年馴染んだ仕込まれた機械のボディを脱ぎ捨てることによって、シチズンと生まれ変わった俺は、新たなる戦場を与えられたのだから、白煙と焦燥とした空気に支配されていた戦場の代わりに、ドロドロとした思惑と駆け引きが絡み合うドンパチ無き戦場を。



「何をサボっているんだエージェントT!確かな不正事実のデータを拾えなければ、我が社の利益も貴様の仕事もハイドしたままなんだからな」

冷徹で性急で横柄なボスの叱咤が響く。

俺の流体核に刻まれたノイズの持ち主だった男の名を借りて、俺は存在を再起動した。

LXX(リーイクスイクス)のアフターサービス班、別名”掃除部隊”の一員トロイとして。



シチズンとして帝国市民権を得た俺は、見かけはノーマルヒューマンとして存在し、サイバノイドとしての面影はすっかりと身を細めている。

感知力の20%を占めていた偏光性レンズの収まった粋な頭部もなく、各種の火器が備わった重厚なボディも換装されている。

バイオロイドとしての本質は変わらないが、迫撃用の戦闘力などあのベイグスの奴ら並みに落ちている。

その代わりデータの収集と分析は、帝国データバンクとフルシンクロしてる相棒を持つアイツと同等だ。

会社のメインは勿論その帝国データバンクにハッキングさえ可能なうちのボスとリンクしてるからだ。

見かけと自前の装備は貧相な俺だが、自社製の目と耳そしてその記憶に瞬時にアクセス可能な俺はアイツを超えているのかもしれない。

まあそんなことは、アイツは気にもしないだろが…。






その朝のボスは明らかに異常な兆候を示していた。

言動は不安定で今までの俺自身の密かな統計的データ群に当てはまることもなく、病理的な因子による攻撃かとも感じ外部フレームであるメディックにまでリンクしてみたくらいだった。

まさにノーマル的に云えば、狼狽し動揺している状態だったと云う事だ。


いつもの日常のように幾重ものセキュリティロックをスパイラル(最短)に通り抜けた俺は、その日も帝国五分前ジャストにオフィスのドアを潜った。

「あっ、あああ…お早う、トロイ君…」

有り得ない言葉とその落ち着かない態度の歓迎を認識した俺は、すぐさまこの非常事態、いや異常事態を分析しようと持てるだけのデータを集めるべくリンクを開始し光速演算での解析を務めた。


「…お早うございます、ボス。失礼ですが熱でもお有りでしょうか?」

外部のリンクまで繋げ推測した結論の俺の返答は、このようなものだ。

埋もれた過去の遺物である、過去存在した風土病の症状と20%程度シンクロ率のあった可能性からの返答だった。


「なっ、なにを言ってるんだ君は、この私がそんな訳ないじゃないか」

「ならば、結構ですけど」

(部下がその日の業務をスムーズにこなすため上司の顔色を伺うのは常識ですので)とゆう言葉は発することもなく。

このような余計な発言は、ますます上司の機嫌を損なってしまうことは、既にレクチャーずみだったからであるが。


「そんなことより、本日の予定は変更だ。君には頼みたい…、いや先ずは客の紹介からだ…そうだ最初はそれだ…」

勿論この俺はオフィス内のもう一つの存在など認識はしていたが、独り言のように途切れてしまったボスの言葉に改めて客の存在に気づいたかのような表情を顔に作り出すことにした。


「紹介しよう、…ああ名前と顔ぐらいは認識しているだろうが、開発設計部門の助っ人的臨時社員のステラだ。わたしのツインでもある。何れ正式なチーフとして人事の方から発表の予定でもあるのだが」

「ステラ、彼がわたしの右腕であるトロイだ。今は販売管理課の事後処理班の筆頭としてその手腕を振るってもらっている」

「ステラです。デ…トロイさんですね、初めましてです。彼からは色々と話は伺ってますけど」

ペコリと頭を下げたその愛くるしい姿は、人事のアップしたものと照合は完了済みではあったが、俺の演算はループしたまま止まっていた。


先程のボスの言葉に。

ツインと云うワードの処理が出来ずに。




「で…、この状況を説明して欲しいんだが…室長」

言われるままに案内された広い空間の隅で、とびきりの笑顔をした女性上司にオレは問いかけた。


「えー?説明したよねトロイ君。テストだよテスト、昨日言った」

「オレ…私が聞いたのは確か…新開発の空挺駆動機構のチェックと」

「うん、そうだよ」

きっぱりと返事がかえる。

浮かべた笑顔がとても意味不明ではあったが。


「君の腹部にそれが換装されてるからね。その性能をモニターするから、対峙する相手二人と模擬戦をね」

ますます意味がわからない。

対峙する二人、それは残念なことによく知っている顔だった。

忘れもしない傭兵部隊の時のチームだった奴らだ。


「よくわかんねーけど、さっさと始めようぜデストロイ」

黒づくめの優男がオレに向かって挑発する。

「その名はもう捨てた、今はトロイだ」

男の言葉を否定し、もうひとりの奴にオレは顔を向ける。


「戦闘莫迦のファングの奴はともかく、お前が何故此処にいるんだ?」

「オデはオマエとケッチャグをヅけるダメだ」

ベイグス特有の濁った言葉がかえる。


オレは覆うような疲れを感じながらもう一度、新たに上司となったばかりの女性に問いただすことにした。









​ ​