情交

言葉など塞いで両手を組み敷いて熱く濡れる不安と期待を想い果てるまで何度も貫いて...

 02, 2012   0

ただ君を想うばかりで

歌など歌えるものならば君への愛を歌うだろう絵など描けるものならば君への愛を描くだろう何もできない無能なボクは君に捧げるものもなく遠く離れた彼方の此処で黙って君を想うばかりで...

 16, 2012   2

雪もみえず

雪の降らないこの街で雨を眺めて 君想う君は何を想うかと君はどうしているのかと遠く離れた君の街多分雪にと変わるだろう雪を眺める 君想い窓辺で雨を見つめてる...

 14, 2013   2

君をさがして

君はボクに 笑顔を向けてくれるだろうかボクはそれに応え 笑顔になれるだろうか渇いたままで 痛むままで今日も 君だけをボクは探して今日も 君だけを頼りにやりきれない時を ただやり過ごして...

 16, 2013   0

変わる

君に懐かれて懐かれてボクは眠りつくだろう安らぎの温もりに包まれて何の不安も訪れずに君がいればいてくれればボクの眠りは安らぎへと変わる...

 20, 2013   0

逢瀬にて

ボクは何度も求めるだろう君を何度も求めることだろう逢えなかった時間の分だけ心と身体の隙間を埋めるため君の温もり鼓動吐息全てに触れて全てを確かめて刻むこととなろう何度も重ね合いながら心と身体を重ね合いながら...

 31, 2013   0

まどろむ子猫

陽だまりのなかの子猫のようにふんわりとまどろむそんな姿を起こさぬようにそっと温もりを そっと抱きしめて一緒に眠りたい...

 02, 2013   0

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

一年目の春

春君に逢えた春君と寄り添った春君を抱きしめた春もう一年が過ぎたんだね君にもらったプレゼント今も大事にはめたまま誕生日のプレゼントボクの一番の宝物また春が来て君と重なる春が来てボクは新たに思いますこれからも君といつまでも一緒にと...

 13, 2013   0

僅かな望み

多くは望まないただ君と...

 15, 2013   0

キス

キスして欲しい君にして欲しい何故だかわからないけど今 そんな気分なんだキスしてあげたい君と何度もいつもはそんな風なのに...

 30, 2013   2

逢いたい

零れ堕ちるばかりの想い君に受けてもらいたくて寂しさに冷え続ける身体君に抱きしめて貰いたくて君の姿いつも求めて君の温もりいつも探してキスして欲しい抱きしめて欲しい愛し続けて欲しい   君だけが欲しいボクをくるんで大丈夫だからと…ボクをつつんで私がいるからと…寂しさに壊れそうなボクを優しい君に...

 31, 2013   0

こんな朝無性に君に逢いたくて無性に君を抱きしめたい...

 19, 2013   2

逢瀬

ただ君にただ君に触れたくて君の笑顔に触れたくて君に逢いにゆくのです...

 21, 2013   0

詩人失格

多分ボクはいつものようにはにかんで気の利いた言葉も言えず無言できつく君を抱きしめるだけなのだろう何も言えない役立たずの口で君の唇を塞いだままで愛の言葉も囁けずに...

 21, 2013   0

君に

熱い疼きと熱い痛み今朝も止まらないたまらなく君に逢いたくて耐え難く君に逢いたくて...

 26, 2013   1

いいですか?

触れたくなる君の髪柔らかで愛おしくて抱きしめて触れてもいいですかまた 君の髪に...

 30, 2013   0

想い

君を想うと心が揺れる切なくて寂しくて逢いたくて君を想うと心がはやる触れたくて君に触れたくて君を抱きしめたくて短い逢瀬と長すぎる日々君が欲しくて君だけ欲しくてボクは今日も君を想う...

 04, 2013   0

君だけを

物言わぬボクは君を困らせるだろう口下手なボクは君を悩ませるだろうだからボクは君を抱きしめてだからボクは君に口付けて幾千の言葉より幾万の言葉よりボクの気持ちを伝えたい幾千のキスと幾万の抱擁で君に君に君だけを愛すると...

 05, 2013   0

おやすみ

君の眠りを妨げないように君の夢を揺り起こさないようにそっと静かにおやすみなさいとそっと静かにまた 明日ねと...

 07, 2013   0

ボクが抱きしめるから

君の戸惑い君の哀しみいつでも半分引き受けるからボクが抱きしめ引き受けるから君が落ち着くまで抱きしめ続けるから...

 11, 2013   0

素直な気持ちで

涙はね心の中から溢れ出るものだから泣きたい時には泣けばいいんだよ心が寂しさで沈まないように溢れ出るものだから哀しみの底に沈まないように溢れ出すものだから...

 12, 2013   0

ただ君を

今夜も待つ君の帰りを君の言葉を静かに平静を装ってはやる気持ちこらえながら...

 15, 2013   0

二人

辛い時は思い出して欲しい哀しい時にも思い出して欲しいひとりじゃないからボクもいるから二人なんだからボクもいるから喜びは倍に哀しみは半分に二人ってことはそんなこと一人じゃないから大丈夫だよ...

 20, 2013   0

繋がってるもの

ボクの頭上の空この空だけ遠く遠く遠くの街に住む君に繋がっている...

 09, 2013   0

君へ

 忘られぬ君の温もり抱きしめて過ごす明日を僕は夢見て 離れても繋がる想い日々あれど君に触れたし君が恋しく カズ...

 18, 2013   0

_

君に君にただ君に逢いたいそんな朝...

 21, 2013   1

ずっと

いつまでもずっと君を愛したい限りなくずっと君に愛されたい遠く離れていても二人は一つそんな想いいつまでもずっと限りなくずっとこれからも...

 27, 2013   2

KISS

君にくちづけを君を抱きしめてくちづけを逢えなかった時間の分だけそれまでの想いをのせて君にくちづけをきつく抱きしめたままくちづけを 君に...

 28, 2013   4

君のこと

逢いたくても逢えないのは寂しい逢いたい人に逢いたいときに逢えないのは寂しいだから尚更に寂しくて とても愛しくて...

 30, 2013   0

キス

ボクからの熱い想いを君に口移しで君に溢れ出るこの想いを愛する君に何度も君を抱きしめたまま君とつながったまま君のその愛らしい口元に愛しい君の身体中にボクの想いを伝えるためにボクの想いを君に刻んで君との逢瀬の間中君との別れの時間まで数え切れぬほど忘がたいほど君に何度も何度もボクから...

 02, 2013   0