それぞれの始まり 1

静寂なる時の支配する中 まどろみを揺るがす声を我は耳にする永劫の眠りを妨げるものそれは 遠い遠い記憶の底で燻っていた高揚をいざなう光明にも似ていた気がした再び静寂を取り戻したものの それは均衡に別れを告げる再来とも取れるのを我は安らぎの中で感じていたのかもしれなかったのだがこの冬はいい冬なのだと感じる傍らで蠢く子らも腹を空かして特に騒ぐこともなく  それを黙らせる乳の張り具合も途絶えることのない獲...

 11, 2014   0
Category  人魔再戦