FC2ブログ
封印の扉がこれでもかとばかりに厳かに開いてゆく。

ゆっくりと時間をかけて。


「今日の分は、もう少しで終わりなんだけどなあ」

退屈だとばかりに傲慢な声が魔窟奥深くの扉の前であがる。


「何言ってんだリファ、最後の敵は目の前なんだぞ今更」

如何にも脳筋な声を上げて、戦士風の青年が声を荒げる。

そうこれは、勇者のパーティーだった。


「エヘルス、なんてこと言うの大魔導師様に対して」

心配顔の聖女らしき少女が、おろおろとふたりの顔色を伺いながら声をかける。

「皆さまご油断なさらずに、出てきますよ!」

ただひとり冷静に扉の向こう側の様子に注意を払っていた聖職者の男が声をはりあげた。

途端にあたりの空気が重いものへと変わり、禍々しい香りの色に染まってゆく。

「我の…眠りを…妨げる…」

ジリリリリリ

けたたましい音が扉より現れた邪悪なる偉大なものの声を遮る。

「ほらね、時間だ。じゃあ俺は戻るわ、そうそう、このあと二三日休むから。こう毎日穴蔵にこもってばかりじゃ気が滅入って、広々としたところでリフレッシュするつもりなわけ」

懐から取り出したアーティファクトの音を止め、時刻を見つめながらローブ姿の男が宣言する。

「だから、もう少し待てよリファ。せっかくの情報源のお出ましだ、もう少しぐらいパーティーの為に働けよ」

「最初からそれが条件だろ?時間外じゃ魔道士としての能力に差支えが出てきちまうんだよ」

「仲間なんだからそのくらいはなんとかしろよ」

「決まりなんだから、無理!」

「お前の態度は人として間違ってる!」

「いや、俺って人じゃないから」

いつもの如き時間の無駄とも思えるやり取りが続く。


やりとりを諌めたのは、おろおろとした少女ではなく、常に警戒を解かない生真面目な聖職者でもなく、いわば最大の見せ場に尊大なポーズと小難しい応対を要してあった魔窟の最後の敵であった。

「お前たちいい加減にしないか、それとその魔道士らしき男その態度はなんなのだ」

その重き暗き邪悪なる力を乗せた言霊が二人の言い争いをとめた。

「んあ?てめえごときがなに首を突っ込んで来るんだよ。こっちは時間なんだ、決まりなんだ。勇者ごっこは今日は終わり。つべこべゆうと消しちまうぞ!」

リファと呼ばれた男は苛立ちを募らせ邪悪なるものに言い返す。

「虫けらの如き存在の者のくせに儂を舐めおって…」

無慈悲で強大な力がリファに向けて放たれる。

「んあ??消し飛べ!…じゃあな、また」

リファの姿は魔窟奥より掻き消え、残されたのは憤慨するばかりの戦士と有益な情報源を失い戸惑う聖女、それと緊張に耐え切れず倒れ込んでしまった聖職者のみとなってしまっていた。






「下界か…。随分と天界とは違うものだな」

そうつぶやいた男は、周りを見渡してため息のようなものをついた。

頭上にあるはずの光輪も輝くばかりの背中の羽も今はなく、それまでの当たり前のように使えていたはずの力さえ感じられない。

かつてリファエルと呼ばれ、天界において自由気ままに存在していた男は見慣れぬ景色の中自身の小ささを改めて感じていた。

天界における懲罰、彼が枷られたそれがいつまで続くのかは彼自身伺い知ることはもはやできなく、それゆえに今までしたこともなかったため息が出るのも仕方のないことであった。

強大すぎた力その異質さ故に多くの波紋を呼び、神の慈悲さえも超えて余る所業は、彼自身をこの荒んだ世界へと堕とすこととなった。

力が制限される下賤なる肉体に封じ込められる形となって。



「まあ、なるようになるか」

幾ばくかの思考のうちに、彼はすぐさま気を取り直す。

世界を揺らぐほどの力は神の名において封じ込められはしたが、彼の魂は変わりようもなく、その気ままな趣はかえようもなかった。

「先ずはこの境遇を楽しんで、それに飽きたら何か考えよう」

そんなつぶやきをあげ男は歩き出す。

それはこれまでと同じく、行動こそが彼をあらわすものだったからだ。


歩きながらリファエルは思う。

つくづく此処は天界とは違うのだなと。

頭上に広がる物は青く彩られ白いものが漂っている。

神たちの集う神殿のような建物もなく、何よりも天界に多く存在する神々の姿や多く群がる天使たちの影すらも感じられない。

地上とはこんなにも広い場所なのだろうか、今までなら常にともにあったはずの神や天使の力とか存在を一切感じられないことに違和感を抱いていた。

この肉体のせいなのだろうか、それまでの時間や距離など考えるまでもなかった自身の存在とは随分違うものにされてしまったのだと改めて思った。

確か大地と呼ばれていたはずの物を踏みしめリファエルは歩き続ける。

永遠の存在や広大な力とは無縁で空虚で殺風景とも思われる地上界を物珍しく見回しながら。

やがて辺りは装いをかえ、見通しのよい緑色のものが足元になびく場所から、色々と見通す事の叶わなくなってしまったリファエルの視線を妨げるかのような物が立ち並ぶ場所へと変わっていった。

何も動かず喋らないそんな物の間の中、リファエルが歩み続けてゆくと、始めて動き喋る物たちの姿を遠目に確認する。

多くの荷物を積んだ四つ足のものを連れた自分と同じく二本の足で歩む姿をみて、リファエルはこれが噂に聞いていた人と云うものだなと思い、興味深くそれへと向かい歩くことにした。


リファエルはその力を使い瞬時に向かい合う者の事を読み取ると声をかける。相手が使っているであろう言葉だと特に意識することもなく。

「おい、行商人のウエルとやら。此処は何処だ?」

いきなり声をかけられ、おまけに名乗ってもいない名前を呼ばれたことに歩いていた男は警戒を抱き立ち止まる。

「俺は、リファエルとゆうものだが、此処が何処なのかを知りたい」

相手の困惑を読み取り、自らも一応名乗り、改め聞き返すリファエル。

リファエルの力をもってすれば、相手の名ばかりでなく全ての事を読み取れたのであったが、天界より落とされるときの神々たちの言葉を思い出したからであった。

 くれぐれも下界のもの達に害をなすことがないようにと
 封じきれない己の力は制限を設けたとはいえ 余りにも強大すぎるからと


「………貴方様は、初めて会った私の様な者の名を知ることができるお力をお持ちなのですか?」

「まあ、そうだ…」

「魔導に通じる方は、洋々な物事を会ったことだけで知ることができると聞いたことがありますが、やはり貴方様は魔導士様なのでしょうか?」

「…似たようなものだ」

「では、何故私の名前だけでなく、その他の事をわざわざ聞くのですか?」

「………」

リファエルはもっともだと思いつつ、神々の言葉を思い出しそれらしきことを考え始める。


「…いきなり全てを読み取ることなど悪いと思ったからで、名前は問いかけるためだけに読み取ったことだ。失礼にあたったならばあやまる」

「いえいえ、私の名前など特に知られて困るような事もないですけど、中には名前や身分を隠している方もいると伺っていますから、相手に聞く前に名前で呼ぶことは控えたほうがよろしいかと」

「わかった、これからは気を付ける」

「それと、此処が何処かと応えるならばタスク村と隣のマルツ村を結ぶ街道にあたります」

リファエルの問いに対し行商人の男はそう告げた。





にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



​ ​