FC2ブログ

「苗床の様子はどうだ?」

「な…体外受精による被検体のことでしたら、被検体ABC全て母子ともに順調です」


「我々は今回の実験で成果をあげ、更なる新たな苗床を確保しないとならない」

「はっ…はい」

「そのためには予算だ。このプロジェクトの予算獲得のためには先ず第一に成果をあげること。お前にはこの崇高なるプロジェクトのスタッフとして、そして俺と同じ親から生まれた優秀な遺伝子を持つものとして卵子の提供だけでなく教育も期待している。超人類のための特別な教育をな」


「どうやら三つの苗床のうちの一つだけが牡のようだな。その牡の特別教育係に任命する、教育プログラムは、こちらで作っておくからその指示通りに全部従え。他の苗床は気にしなくてよい。超人類を多く作り出すためには、一つの対象しか受け入れられない牝よりもより多くを孕ませることができる牡のほうが効率が良い」


「…教育プログラムですか?」

「ああ、超越した肉体はもとより精神的にも人を超えるよう、くだらない既存の概念を省いた教育を実験的に施すのだ。それによって原質的な恐怖や禁忌を犯すことによるストレスの軽減など現人類の壁を乗り越え、いやその壁を壊してゆかなければならない。そしてゆくゆくはそれを種馬とし多くの超人類を生み出すのだ。そのための礎となることを命ずる」


「………承知しました」






俺が最初に意識した牝は母だった。

そして最初に欲望のはけ口とした牝もそれだった。


もっともそれが、そう名乗ったのは死に際であったが。


物心が着いた頃から、いや、それ以前から俺の周りにはそれしかいなかった。

それは俺に多くの一般的には偏ったことを事を教え、俺が牡の片鱗を見せ始めると、自らその相手を務めるようになったのだ。



一般的に父と呼ばれる存在のことはほとんど知らなく、それを教えられたのは俺がその牝の教え通り俺の感情の赴くままに障害となる対象を取り除いたとき、俺の足元で骸となった牡を見て牝が呆然と告げた時だった。


そしてその牝は舌を噛み同じ骸と成り果てた。


後に思い起こせば、普通にそれは壮絶な事だったらしいが、そんな教育を一切受けてなかった俺は、少々の将来的不安と何よりも最初に障害を取り除けたことの達成感だけを感じていた。


それらの死は、俺に偏った観念を教え込むよう指示した鬼と言ってよい牡とそれに素直に従った畜生にもにた牝の自業自得の結果に過ぎない。


そしてその偏った鬼の考えと畜生同然の行為さえ何とも思わない俺は確かにそれらの血とゆうものをうけついでいるのだろう。


それらの死後まず俺がしたことは、俺の異母兄弟にあたる牝たちを探し出し、優秀なる俺の遺伝子を受け継がせるために孕むまで犯し続けることだった。

それは遠からず父と聞かされた牡のくだらない野望につながることだったのだろう。

そして、もっとも近い血縁のものと交わる行為に異常なる積極性を示していた牝と同じ思いも受け継いでいるのだろう。


そんな俺を周りや世間は鬼畜と呼ぶかもしれないが、そのことに俺は誇りすら覚えてしまっているのだ。









スポンサーサイト




私の何処が駄目だと云うのだ?

人を越える知能を有してるはずの私の何処が?

私でさえ不完全だと云うことか…

高い知能を下らぬ教育が害しているのか?

一からの教育が大切と云う事か…


ならば…

創り出せば…

高度な教育による強い精神を持った新たな私を…





政党内の知人の紹介による若い小僧を前にして儂は、確かに感じるものを覚えていた。

話に聞いていた異常な程のIQ値もさながら、その瞳の奥に宿る…何か…強い…思いを。


改めて小僧の差し出した資料を見直す。

『憂国からの諸提案』と題されたその資料の束は、国粋主義派の代名詞を豪語する儂自身をおおいに悦ばすものであった。

たとえ小僧の本心が何処にあろうとも、その道の行く末が儂の目指すものに重なる限り問題などない。


その何かを宿す瞳に向かい、儂は問いた。

「貴様、何を望む?」

「国家のため、私の思考の証明のため、それと何よりも御前様のため、何卒お力を…」

それだけを告げ、小僧が頭を下げる。

恐らくは周りに下げた事などないであろうその頭を。


「…分かった。貴様の道がそれぬ限り力を貸そう。…それぬ限りな」

そうして儂は、小僧に力を貸し与えることとした。


今思えば、鬼神とも言える小僧に。




教育の重要性や危険性なんてのは、十分理解しているつもりだ。

親とか保護者の思惑によって固められ、そして染められちまうのは仕方がないことだ。

育ってゆく過程の環境ってやつも大事だろう。


唐突だが、ある話をしよう。なに例えばの話ってやつだ。

仮に世間から隔離され、ある実験的な目的のために偏った異質とも言える教育を施された子供がいたとしよう。

彼が、ありとあらゆる道徳的行為を教わらず、本能の赴くままに行動することだけを教えられていただけなら…。

そして自分の異質さが美徳であり利点であり優秀さであることを教え込まれていたら…。

そのうえそれを振舞う力さえも渡されていたとしたら…。



世間でゆうところの犯罪行為に走るのは当然の事となるだろ?。

そしてそのことについて、彼は何の罪の意識も持たないわけだ。

葛藤すらない。

何故ならば罪とゆう感情、概念が彼にはないからだ。


そう、彼は本能の赴くままに行動する。

獣のようだって?、獣なんかじゃない、彼の行動は世間でゆう理性的なものではないかもしれないが理知的なものによってスマートに処理される。

女性、まあ牝と言っても良いが…それらを欲望のはけ口にするときでも、獣みたいに力ずくでなんて無様なことは決してしない。

口達者に平然と嘘をつき、狡猾に行動を進めるのだ。


確かに彼はどちらかと言えば短気なのかも知れない。

長期的な策謀にかけているのかもしれない。


でも、そんなものは些細な事だ。

彼には腕っ節なんかじゃない、本物の力がある。

彼は躊躇などとゆう脆弱な心など持っていない。

自らの欲望だけに忠実で、それを満たすために理知的に行動する。

後先を考えて上手くやるのさ。


こんな彼が初対面とかで牝から敬遠されないのは何故だと思う?。

そもそも牝は力あるものを、求めるからだ。

形ばかりの優しさなんて、必要としちゃあいない。

その浅はかな牝の本能に促され、騙され、使い潰され、捨てられてゆく。



そう…よくある話だ。



理不尽なる世間じゃこれは、よくある話なんだよ。








... 続きを読む

ものを食すといった行為は私的な事に分類されると、理解している。

獣とは違いそれを楽しむとゆうことは共有できるものではないし、実に個人的なものだ。

ただ栄養を摂取すると云う行動ではなくそれを口にと入れ、噛み千切り磨り潰す食感てやつを楽しむ事。

噛み千切り磨り潰すことによって味わう快楽は、私的な悦びを醸し出すものだ。


それに別なものはいらない。

雰囲気といった曖昧なものや音楽や会話などとゆう、邪魔なものなどはいらない。



ただ喰らい味わい時には過剰に楽しむことは、人ならではのものなのだろう。

その食事に喧騒などは、ふさわしくはない。

そんな思考を交えつつ喰らう事に専念していた俺は、喧騒より上がった一つの声によりその行為を中断させられた。


「…はぁ…はぁ…食事中大変申し訳ないのですが、あなたを取材させて頂くわけにはいかないでしょうか?」

突然開けられたドアとその唐突で不躾な申し出は、俺をイラつかせた。



湧きあがる不快に言葉を返すこともなく、俺はその思いのままに言葉を発する。

「この異物を直ちになんとかしろ!」

俺の言葉に応えるかのように喧騒を生み出した部屋の入り口の方から、同じように数人の男たちが現れた。

「大変ご迷惑をおかけしました、直ちに排除致します。この非礼は必ず別に」

「ただ少しの時間だけ取材をお願いしたいんです。なんでもします!。どうか取材を」

男たちともみ合い引きずり出されながら異物が、再び世迷言をまくし立てる。



その中の一言に俺は興味を覚えた。


気まぐれなるいつものやつだ。



「…本来ならプライベートのひとときをぶち壊してくれた下賎なものの申し出など聞く耳も持たないが、俺様のためにお前が無条件になんでもすると乞うならば考えなくもない。今から俺の要望する幾つかのことが実際にできると乞うならば、話のひとつも構わないが」

異物は俺の言葉に、あからさまに表情をかえる。


おおかた世間一般に伝わる牝どもを誑かすといった、俺の風評でも思い出したのだろう。

何様のつもりだ?と俺は思う。



大方なんでもと云う俺の言葉に此どもの好みそうな性的なものでも、安易に妄想したに違いない。



お前程度の牝の貧相なそんなモノなどに、興味すら覚えない。

そんな胸のうちを隠しながらも再度問う。


「なんでもするならな?」

野良犬と変わらない牝ころが生意気にも少しばかり躊躇し、不安げに頷く。

その面を確認し見守っていた男たちに、あることを伝える。

「それはそのままで良いから、皿をもってこい」

俺は自分の思い付きに自らの機嫌を直し、短くそう命じたのであった。



... 続きを読む

そんな俺の言葉に目の前のそれは首をかしげる。


また勘違いなぞしてるのだろうこの、みすぼらしい牝犬は。

こんな牝ころに興味などは沸かない。

牡と牝の行為など何も知らずこれからの自分に起こることにただ恐怖するばかりであったあの幼女の牝とか、新しい刺激ばかり求め俺に情欲の眼差しを向けたあの牝の少女とか、そんな牝達と比べることさえもできないほど目の前の犬は凡庸すぎる。

幼くも若くもなく容姿も貧相なこれは、欲望を吐き出す価値さえないほどありふれた存在だ。

道具としての利用価値すら見いだせない。


周りの雄のように使える道具か使えない道具かみたいな明確な判断基準に困るのが、これらの牝達の扱いづらいとこだと俺はくだらない思考を巡らしてゆく。


「お持ち致しました」

そんな俺の思考を遮る声がした。

「ああ、すまない」

その有用とも言える道具に俺は返事を返す。

この控えめでよく頭の回る道具を私的に使うことに利点があるかもと言った思考を、片隅に留めることにした。


「…いったい…何を」

その有益なる思考をまたくだらないものが遮ってくる。

ああそうだ、こんな茶番の続きであった。


思考を切り替え届けられた皿を示し俺は茶番を開始する。

「残り物をこの皿に…そして足元へと置いてくれ」

俺からの言葉を待ち佇んでいた有用な道具が静かに頷き素早く言葉通りに従う。


「さて…先ほどの言葉に二言はない。お前にはこれを処理してもらう。手も使わずに這いつくばってな。これはお前の言った何でものひとつだ」


俺の言葉が直ぐには理解できなかったようだ。

その顔が羞恥とは違う色に染まりなおすのに少しばかり時間がかかったのだ。


「えっ…」

雌犬はその愚鈍さ故、簡単な返答さえできていない。


「本来ならば問答無用につき出すところだ。無断に侵入し俺の自由な時間を阻害した、これは犯罪行為とも言えるからな。俺の力をもってすれば社会的に排除することさえ可能であるが、この程度ですましてやろうと云うのだ。むしろ感謝して欲しいのだが」

「…言葉に嘘はないのですね」

「…くどいな、やるのかやらないのか?いつまでも俺が気まぐれに慈悲深いと思うなよ」


俺の言葉に観念したかのように雌犬が足元に膝まづく。

しかし皿の上に顔を寄せたまま動こうとはしない。


俺の辛抱はどうやら切れてしまったようだ。

「早くしろよ、何も衆人環視の中でやれって言ってないだろ?」

そう告げながらその動かない頭を、皿に押し付けるように俺は力を込め踏みつけていた。


... 続きを読む

「これから四週間俺の出す課題を犬のように従順にこなすことができたのなら、お前の話を聞いてやることにする!」

俺は思い付きを口にする。

「ただし返事はハイの代わりにワンだ。何せお前は主人に忠実な犬だからな!」

笑いながら付け足された言葉にも反応はない。

予想外の出来事にぐずるばかりの様だった。

「まあ良い。取り合えずそれを処理しておけ」

その言葉にも返事はかえってこなかった。

寛大な俺は返事がないことにも怒りはせず、そのまま捨ておくことにした。

いずれ課題は適当に見繕って指示することにし、その結果がどう出ても暇つぶしぐらいにはなるだろうと思い立ったからだ。


「えいいち様、部屋でお客様がお待ちです」

「わかった。向かうとする」

道具の言葉に頷いた俺は、半ば日課と化したその対面に向かうため貸切っていたホテルのレストランから自分の部屋と歩き出した。

後ろをついてくる道具が俺に問う。

「アレはいかが致しましょうか?」

「皿と一緒に別の場所に運んでおけ。課題をこなせたなら後程報告を」

「仰せの通りに致します」

暫し考えたのちに発した言葉に道具は丁重に礼を返し、俺の元から離れていった。



... 続きを読む

「お客様が到着され、部屋でお待ちです」

別なものから言伝を受け取ったらしい道具にそう告げられる。

ここは都内では老舗のホテルらしいが、そんなことよりもセキュリティや調度品の関係でよく使っている。

それでも先程のような失態もあるわけだが。


カードキーを使い特別階へのエレベーターへと向かう。シンプルなスイートの部屋にと戻れば、客が待ち構えていた。

「えいいち早く抱いて」

唐突に客と呼ばれいたその牝が戯言をのたまってきた。

「えいこ、そんなことよりも報告を先にしろ!」俺は冷めた声でそう告げる。

「つれないなあ、久しぶりの逢瀬なのに」

「いい加減にしろ、後でいくらでも相手をしてやるから」

俺が恫喝すると仕方ないと態度を改め、牝が語り始める。

「御前のじじいは順調に人形のようになってるわ。思考能力と判断力の低下が進んでるけど、簡単な会話と署名くらいは維持してる感じ。男狂いのあのおばさんは、もう快楽以外に興味がない感じ、食事も忘れてえいいちのアレの事ばかり考えて自分で盛ってる毎日よ」

「ふむ、順調のようだなこれで権力と財産の移譲も進むわけだ。それにしても御前様は仮にも俺の養父であり、その娘は俺の妻なのだから人前ではそのような口調で語るなよ」

状況の報告に満足しつつも、俺は釘をさすことも忘れなかった。

「わかっているわ、こんな口調で話すのも兄であるえいいちだけよ。実の妹の戯言だと思って許して欲しいわ、…だから…早く」

情欲に濡れるその牝に呆れつつも、いつものように俺はそれを貪りはじめることとした。




... 続きを読む

最上級のスイートの広いベッドの上で俺に組み敷かれたえいこが、その白い肌を火照らせ身悶え声を荒げている。

「あっあぁ…父さまっ…もっと…激しく」

俺に貫かれ乱暴に揺さぶられながらも、思い描いているのは相変わらず別の雄の様だ。
かく言う俺も、えいこと媾いながらも別の牝の事を思い出していた。

俺に牡牝の営みを仕込んみ最後に母とのたまった牝のことを。


欲望の高まるままに抜き差しを繰り返しその奥底に吐き出す。体勢を入れ替えては攻め続ける俺をえいこは全て受け入れてゆく。

数時間に及ぶ交尾をへてようやく俺は満足をし、えいこはぼろ雑巾のようにぐったりとなっていた。


「良かったわ、…えいいち」

暫くして意識と気力を取り戻したらしいえいこが俺に告げる。

「どうだかな…別の奴の事を思いながらのくせに」自分の事は棚に上げて俺はこたえる。

「それは、父さまに勝るものはないけど…えいいちにはそれを上回るタフさと激しさがあるわ」

しれっと答えるえいこ。

「まだまだいけるんでしょ?時間の限り抱かれたいの…孕むまで…父さまの時のように…」

どうやらえいこの奴はあの牡の子を孕んだことがあるようだ。あの牡のことだから、貴重なデータでも取るつもりだったのだろう。

だがそれは俺も似たようなものだ。それに同じ血に引かれてしまうのも、そのさがを引き継いだ俺たち二人だからだろう。

兄妹通しで媾う事で、俺たちをこの世に生み出した今は亡き奴らと同じように。

... 続きを読む
​ ​