鬼畜  (小説  鬼畜)

author photo

Byフラメント


「苗床の様子はどうだ?」

「な…体外受精による被検体のことでしたら、被検体ABC全て母子ともに順調です」


「我々は今回の実験で成果をあげ、更なる新たな苗床を確保しないとならない」

「はっ…はい」

「そのためには予算だ。このプロジェクトの予算獲得のためには先ず第一に成果をあげること。お前にはこの崇高なるプロジェクトのスタッフとして、そして俺と同じ親から生まれた優秀な遺伝子を持つものとして卵子の提供だけでなく教育も期待している。超人類のための特別な教育をな」


「どうやら三つの苗床のうちの一つだけが牡のようだな。その牡の特別教育係に任命する、教育プログラムは、こちらで作っておくからその指示通りに全部従え。他の苗床は気にしなくてよい。超人類を多く作り出すためには、一つの対象しか受け入れられない牝よりもより多くを孕ませることができる牡のほうが効率が良い」


「…教育プログラムですか?」

「ああ、超越した肉体はもとより精神的にも人を超えるよう、くだらない既存の概念を省いた教育を実験的に施すのだ。それによって原質的な恐怖や禁忌を犯すことによるストレスの軽減など現人類の壁を乗り越え、いやその壁を壊してゆかなければならない。そしてゆくゆくはそれを種馬とし多くの超人類を生み出すのだ。そのための礎となることを命ずる」


「………承知しました」






俺が最初に意識した牝は母だった。

そして最初に欲望のはけ口とした牝もそれだった。


もっともそれが、そう名乗ったのは死に際であったが。


物心が着いた頃から、いや、それ以前から俺の周りにはそれしかいなかった。

それは俺に多くの一般的には偏ったことを事を教え、俺が牡の片鱗を見せ始めると、自らその相手を務めるようになったのだ。



一般的に父と呼ばれる存在のことはほとんど知らなく、それを教えられたのは俺がその牝の教え通り俺の感情の赴くままに障害となる対象を取り除いたとき、俺の足元で骸となった牡を見て牝が呆然と告げた時だった。


そしてその牝は舌を噛み同じ骸と成り果てた。


後に思い起こせば、普通にそれは壮絶な事だったらしいが、そんな教育を一切受けてなかった俺は、少々の将来的不安と何よりも最初に障害を取り除けたことの達成感だけを感じていた。


それらの死は、俺に偏った観念を教え込むよう指示した鬼と言ってよい牡とそれに素直に従った畜生にもにた牝の自業自得の結果に過ぎない。


そしてその偏った鬼の考えと畜生同然の行為さえ何とも思わない俺は確かにそれらの血とゆうものをうけついでいるのだろう。


それらの死後まず俺がしたことは、俺の異母兄弟にあたる牝たちを探し出し、優秀なる俺の遺伝子を受け継がせるために孕むまで犯し続けることだった。

それは遠からず父と聞かされた牡のくだらない野望につながることだったのだろう。

そして、もっとも近い血縁のものと交わる行為に異常なる積極性を示していた牝と同じ思いも受け継いでいるのだろう。


そんな俺を周りや世間は鬼畜と呼ぶかもしれないが、そのことに俺は誇りすら覚えてしまっているのだ。









関連記事
スポンサーサイト
Share

Comments 3

blackout  

このまま少子化が進んで国力が落ちに落ちるなら、選択肢の1つとして体外受精も出てくるかなって思ったりしますね

まぁ、そうなると優秀な遺伝子だけを引き継ぐ的な選民思想に繋がってくでしょうけどね(汗)

とはいえ、ご存じかもですが、日本は過去にも、戦後から1990年代まで間引き政策的なものをやってたくらいなので、いざとなったらこの体外受精の合法化も辞さないでしょうな

世界一実利主義な国でもあると思うので

ある意味、今の未婚率の上昇は、この間引き政策によって40代の男女比に偏りが出たことの影響もあるかなと思ったりします

2017/05/13 (Sat) 16:30 | EDIT | REPLY |   

フラメント  

blackout様 今晩は~^^


少子化問題は 厄介ですね

今時 産めよ増やせよと 富国強兵を扇動したところで

難しいのではないかと 思われます

経済問題や 福祉の充実など 多くの課題もあり

いっそのこと

増やすより

多い方を削る方が楽

なのでは ないでしょうか??


そうなると ボクあたりは

真っ先に路頭に迷いそうなのですけどww


2017/05/31 (Wed) 17:54 | EDIT | REPLY |   

blackout  

>増やすより
>多い方を削る方が楽
>なのでは ないでしょうか??

ええ、そう思います

とはいえ、無理に削ろうとしなくても、ここ最近は弱い牡は淘汰されちゃう状況や環境が揃ってる気がしますね

この寒暖の差がありまくりの気候や格差社会がそのいい例かと

あと一般的に、牡は牝がいないと凶暴化するらしいので(汗)
結果同士討ちが起こりやすくなって減ってくのもあるかと

いずれにしても、いろんなことが水面下でじわじわと進んでる感じなので、生き延びるには、それとなく周りにアンテナ張っておいた方が、リスクを最小限に抑えられるでしょうね

2017/05/31 (Wed) 20:47 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

小説  鬼畜   (6)
世界 改訂版 (ファンタジー小説) (1)
小説  サンドラ (1)
恋愛小説 (16)
乾き 改訂版 (8)
蒼き日々の情景(私小説) (5)
ベイサイドペイン (3)
気まぐれ短編集 ブラックブック (8)
改訂版  娼婦はなんでも知っている (1)
娼婦は何でも知っている(Rファンタジー) (51)
援交記 (4)
小説 メロンパン(悲しき現実) (3)
戯言 (暗い詩) (1079)
詩・散文 (950)
嘆き (131)
君に(大好きな君に捧ぐ言葉) (90)
詩 (640)
七分 (56)
つれづれなる散文 (19)
ファンタジー 魔導人形シリーズ (38)
冥府の守護者 (2)
荒ぶる人形 (4)
凍てつく人形 (6)
人形使い ~グレムと楽しい仲間たち~ (18)
オールドファイター(ファンタジー) (7)
人魔再戦 (1)
ベアルドナルドラ物語(ファンタジー) (31)
全知全能の使役師 バンズ(ファンタジー) (20)
旅の少女(ファンタジー) (1)
ファンタジー 輝石シリーズ (17)
泣き虫王子と三つの輝石(改訂版) (2)
輝石物語 (10)
Legendary Mage & Almighty pyroxene (5)
遷都物語 (10)
ジェノサイダー (4)
ミンストレル (1)
雑記 (349)
官能小説 (72)
虚構の夢(官能小説) (22)
被虐のうた(官能小説) (23)
荒廃(官能小説) (10)
被虐の夢路(官能小説) (2)
爛れた日々(官能小説) (0)
ラバーズ (官能小説) (5)
改訂版  下衆 (官能陵辱小説) (7)
官能小説 エイリアン (3)
砂(小説) (0)
小説 水ケ谷探偵社事件帳 (0)
小説 終春 (0)
カウンセラー (0)
挨拶 (2)
SF小説 さよなら人類 (1)
真夏の幻影 (6)
故郷 (0)
陽炎のように (1)
よろず何でも相談社 (6)
サッキュバスの惑星 (5)
魚人の街 (3)
S級エージェント ファルコンズアイ (2)
プチーツァ (4)
浅ましき夢をみし (1)
ノイズ (SF小説) (5)
戦乱の時代 (1)
堕ちゆく世界と慈悲の女王 (3)
メトロの住人達 (スパイラル銀河 アルタイル) (10)
異界転生 (ファンタジー小説) (2)
シーフ 賊と呼ばれた男 (20)
真昼の月と夜の海 (3)
小説 バイオール (2)
何か (擬似恋愛小説) (4)
ユニーカーズ 苦労人な私 (ファンタジー小説) (2)
世界 (20)
ギミック 最悪なパーティーがゆく (ファンタジー小説 (1)
イケメン彼女 (3)
原罪 (2)
漆黒の邪龍 DirtyDrgon (8)
気が付けば大魔王 (5)
ファンタジー小説 パールパピヨン (2)
転生 (2)
記憶 (3)
SF小説 バッドエンド (2)
小説  GENZI (1)
ジゴロ (3)
プロジェクト AF (1)
小説 エセエス (1)
詩ですらない何か&自己満足 (1)
小説 思い出 (3)
詩人の愛 (1)
小説 ブロガー (1)
好きなもの (1)
トレデキム   漆黒の邪龍 ダーティードラゴン (11)
埋没   ~ セフレ以上恋人未満 ~  (恋愛小説) (1)
迷子  官能小説 (7)
ブラックブック 短編集 (1)