See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

母からの電話   (雑記

一人で暮らしている母から電話があった内容は 以前聞いた ストーカーまがいの??事について自分も記憶している さる男性が最近しつこく電話や訪問を繰り返して来るらしい古い写真で申し訳ないのだが一応 母は若い頃は 可愛らしい???感じだった??横の可愛らしいお相手は もちろんボクwwこうして写真を見ると 亡くなった父に 今は似てるけどww結局 最寄りの警察の助けを借りて一週間ほど 叔母の所に身を寄せるら...

 18, 2017   1
Category  雑記

愚息との与太話      (雑記

たまに 帰宅時間があったりすると愚息と話をしたりするのだが大抵は 愚息の勤め先(食品加工工場)での 愚痴 事柄などが多いのだが誰に似たのだろう…ww わけのわからない話も多いそんななかで時を止める能力 について 二人で話をしたのだが…ボクの 屁理屈 持論では 時を止めるじゃなくて一瞬のうちに(0時間で)自分だけが動ける能力では??時を止めたら 自分も動けないわけでwwまあ 似たような議論が ネットの...

 15, 2017   0
Category  雑記

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

最近の定番  (雑記

目玉焼きの朝食( ̄ー ̄)ニヤリ...

 11, 2017   0
Category  雑記

勘弁してくれ   (雑記

会社のむちゃぶり大型車を けい引してこいと…電気屋(車の)から修理屋まで夕方の混み合う時間 電気屋の前の県道に引っ張り出すのだけで大騒ぎ延長したワイヤーが ぶっ飛んで 県道を遮る形で 立ち往生したボク (10トン車搭乗中) やばっ 今度こそ捕まる!!ヽ(´Д`;)ノ  先月 山梨から命懸けでフロントガラスバリバリの4トン車で帰社させられたことが 思い出される(タイヤもパンク状態で)いくら免許の点数があっ...

 08, 2017   0
Category  雑記

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

電話 その後   (雑記

みにょの電話は すこし話を聞いてもらいたいとのことだった「出かけるの??」「うん」「どのくらいかかる??」「しらない」そんな会話をして 部屋をでたボクはアパートの前の通りにてまったほどなくしてみにょが車で到着そうそうに助手席に乗り込むと あてもなくみにょが車を走らせ始めるボクの問いかけに応えるみにょの声は 相変わらず泣き声だったが多少落ち着いているようだった「っで??」ボクの短い問い掛けに みにょ...

 04, 2017   1
Category  雑記

電話     (雑記

みにょ からの電話泣き声で……はぁぁ……(●´・△・`)はぁ~...

 03, 2017   0
Category  雑記

健康診断   (雑記

本日は 現場の仕事が薄かったせいか朝一 外国人どもを 草むしりの現場(会長の畑)に送ったあと同僚と三人で 会社の健康診断だった遠い昔 自営業だった頃とは違い毎年のように(毎年ではないところが うちの会社のブラックなとこw)検診を受けられるのは ありがたいものであるボク自身 いい年であり (アレもドーピングなしでは役立たずww)色々と 衰えを感じる昨今なので^^一番安っぽい簡単な健診なので 検査項目...

 31, 2017   0
Category  雑記

_

道端の 華名もない 華小さく 可憐でボクの知らない誰かを今も 見つめてる...

 25, 2017   0
Category  

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

桜えび     (雑記

東海道 由比宿 桜えび茶屋まで 連れてゆかれ 行ってきた「くらさわや」 桜えび・磯料理 - 静岡県由比町 http://www.sakuraebi.org/食べログ 桜えび茶屋(さくらえびちゃや) https://tabelog.com/shizuoka/A2201/A220102/22000432/込み合っている中 随分と待たされて食べたのは桜えび茶屋定食桜えびごはん 生桜えび かき揚げ(もちろん中身は桜えび) とゆう 怒涛の桜えびづくし…ボクは どちらかといえば 皮つきとか...

 21, 2017   0
Category  雑記

夜に呻いて

夜ともなれば暗かろう夜ともなれば静かだろう応える星なく月もなく朧な闇がただ続く夜ともなれば暗かろう夜ともなれば静かだろう応えるものなくただ一人今宵も闇と向かい合う夜とは何故に暗いのか夜とは何時でも静まって凍える心咽び泣き歪なボクはただ呻く...

 17, 2017   0
Category  詩・散文